ガラホの呪いがとけた

スマホを買ったぞ

 iPhoneSEを中古で買いました。早速つかえるように、あれこれと設定をしていじっているうちに、ふとこう思ったのです、「俺はなんで今までガラホなんていう、奇妙なものを使い続けていたんだろう」と。

 ガラケー信者でした。電車の中でずっとスマホをいじっている日本人を憂いておりました。そんな47歳のひきこもりおじさんが携帯代の節約のために、スマートフォン(以下スマホ)を買い、少しじってみたところ、スマホの素晴らしさに気付かされ、たちまちガラホの呪いが解けてしまいました。今では、なぜガラホ(ガラケー)を使っていたのか、たぬきに化かされていたのではないか…、ガラホを使っていたその理由が分かりません。以下、にわかスマホおじいさんの、よもやま話です。だらだらと長いですよ。

二年縛りが終わった

 ドコモの二年縛りが終わりました。縛りと言うと、解約できないという負の部分に目がいきがちですか、私の場合、本体の代金分を割り引いてくれる、月々割引というのが適用されていたので、この2年間は基本料が安くすんでいました。

 でも、二年が経ち、月々割引がなくなると、ドコモのガラホというは、いわゆる格安スマホ(格安SIM)よりも割高になってしまうのです。

貧乏ゆえに買い換えるしかない

 スマホに買い替えたほうが安くすむ。ではどこの業者にすればいいのか。格安スマホ業者(MVSO・仮想移動体通信事業者)にはいろいろありますが、調べれば調べるほど、どの業者も似たりよったりなのです。私は、個人的に和歌山の限界集落に行くことがありますので、地方に強いドコモ回線の業者の中から選ばなければいけません。

 ねちねちとネットで調べた結果、いちばん安いのは、「楽天モバイル」でした。でも、ここがすごく安いという意味ではありません、他のところと比べるといくらか安いという程度です。

スマホの購入方法

 貧乏人かつ手元にガラケー(ガラホ)しかない、そんな状態でスマホを手に入れる方法はふたつ。

 ①新規契約+スマホ新品のセット販売で購入する
 ②中古スマホを購入する

 どちらがいいか? ①の抱き合わせセットの方が安いのです。ずばりHUAWEI(ファーウェイ)、型落ちモデルなら7千円台で手に入ります。私も楽天モバイル新規契約(3年縛り)で、ファーウェイのP20 liteというやつを買うつもりでした。

まさかの売り切れ

 消費税が10%になる前にと、楽天モバイルのウェブサイトから購入しようとすると、なんと狙っていたファーウェイ型落ちモデルが売り切れているじゃないですか。じゃあ、似たような別のスマホにしようと楽天モバイルのセット販売端末をあれこれ探したのですか、さすがに売れ残りのなかの、さらに売れ残りモデルたちだけあって、でかい、重い、低性能という、購入ボタンを押す勇気がでないものばかりです。

楽天の三木谷って嫌なやつだよな

 楽天モバイルを物色しているうちに、ふと、楽天の三木谷って、成金で、いつもえらそうで、ケチくさいて、金は出さないが口は出すプロ野球球団のオーナーで、大金で有名なベテランサッカー選手をつれきた結果、ヴィッセル神戸を弱くした、サッカーのことなんにも分かってないオーナーで、客をポイントで囲い込むことしか考えていない、使いづらい楽天ショップの、モノ買うといらねえメールがいっぱい送られてくる、スパムメール業者の社長で、などなど、「三木谷ってろくでもねえな」という怒りがこみ上げてきました。

まーくんのいない、楽天にかかわりたくない

 現ヤンキースのマーくんこと、田中将大選手は最高のピッチャーですし、応援もしていますが、まーくんはもう楽天とは関係がない。三木谷の楽天です、そんなものにはかかわりたくない。値段がすこし高くなってもいいから、三木谷の息のかかってないところと契約したい、そう思い、あらためてネットで調べてみました。

すでに三木谷には逆らえない状況だった

 ①新規契約+スマホ新品セットで購入という、このパターンを使って格安スマホを手に入れようとするなら、選択肢は楽天モバイルしかありません。値段の安さで、頭ひとつ抜け出ている。ならばしかたがない、私は三木谷から逃れるために、この方法を諦めました。

 ②中古スマホを買う。このパターン②を採用したのです。

新品より難しい、中古のスマホ選び

 スマホ弱者。何も見えない、聞こえない、スマホに関して私は、ヘレン・ケラーも同然です。サリバン先生のいないヘレン・ケラーなのです。噂に聞くのはiPhoneという名前のみ。独自規格が大好きで、独占したがりの、故・ジョブズ氏が率いていたアップルのスマートフォンです。世界的なシェアは第3位くらいですが、日本でのシェアはトップ。電気製品に関しては寄らば大樹の陰、というのが原則。

 アップルに対していいイメージはなかったのですが、小さくて安いスマホが欲しいという私の希望にあう機種は、アップルのiPhoneSEだけでした。

 中古価格11000円+税、32G、本体のみ、付属品なし。これが高いのか安いのか、さっぱりでしたが、私はこれを購入しました、消費税込みで11820円也。

格安SIM選び

 中古だろうとスマホさえ手に入れてしまえば、スマホ端末との抱き合わせ販売から解放されます。通信業者選びの選択肢は広がる。どれにしようか、あれも、これもといろいろ調べた結果、どこも同じようなものじゃないか。いわゆるドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアに比べれば安いが、格安SIM業者の同士で、ずば抜けて安いという業者はありません。

悲しいことに三木谷のところが1番安い

 新品端末セットであろうと、なかろうと、わずかな差ではありますが、三木谷の楽天モバイルが1番安い。しかし私は三木谷の軍門には下りませんでした。

 10月の時点では残念ながら、キャンペーンは終了しているのですが、先月の9/30まではBIGLOBEモバイルでは手数料なし&期間限定値引きというキャンペーンというのをやっていたのです。これだ、これしかない、この期間中なら三木谷モバイルよりも安くなるぞと即決、私は晴れてスマホユーザーになりました。

ガラケーよさらば

 ガラホをスマホに変えただけで、日々ニコニコしています。なんで今までガラケーをぱかぱか開いていたのか、どうかしていました、あんな電話機はチンパンジーにでもくれてやればいいのです。スマホの操作にまだなれていませんが、ガラホではできなかった、あれやこれ、が全部できるのです。ガラホでは割引クーポンひとつ受け取ることができません。

スマホの欠点

 スマホを使って驚いたのは、本体に留守電機能がないことです。留守電機能を使いたいのならば、使い勝手の悪い有料のサービスを使うしかない(月額300円くらい)。裏技的なものはあるらしいが、基本的にはできないと思ってもらいたい。

 通話かけ放題サービスも微妙。3分かけ放題のサービスを使っていますが、それには専用アプリを使ってかけなければならない。着信履歴からかけ直すとかけ放題にはならないという、説明をよんでも「?」と思うような不便な仕様になっています。

それでもスマホしか選択肢がない

 スマホより、ガラホのほうが料金が高くなる。だからスマホにするしかない。最近廃止された、ポケットベルみたいな状態です。機能は少ないが料金は高い、いずれ廃れてなくなっていく運命なのかもしれませんな。

俺まとめ

 三木谷が嫌いじゃなければ、三木谷に我慢できるのであれば、楽天モバイル一択。三木谷が嫌いなら中古のスマホをかって、自由に自分の好きな通信業者と契約しよう。以上、もうみんなが何年も前に知っているであろうことを、ようやく知りました。やっぱiPhoneに限るな。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です