9060問題

 高校を中退してから30年近くもぷらぷらして、定職にもつくことなく、ひきこもり生活をしてまいりました。が、ここにきて、8050問題という言葉のせいで、50歳に満たない、年齢の足りてない、若手ひきこもりの扱いを受けるはめになったのです。このベテランの私が、年齢不足なのです。20代、30代のひきこもりなんて、子ども扱いですよ。

 でも、こういう状況になることはある程度予想していました。ひきこもり問題というのは月日が経つにつれてうやむやになり、新たなゴールがかっこ”未来”に設定されるという歴史を繰り返しているからです。1990年代、まだひきこもりという言葉もなかったころ、一般的な感覚では25歳までに正社員になれというのがひとつのラインでした。会社員、公務員とかの新卒採用の年齢の上限がだいたいそれくらいだったからです。そして25歳を過ぎて正社員になれなかったら、まっとうな人生からの脱落という意味で、お終いでした。

 でも2000年頃から、社会的ひきこもりという言葉が普及してきて、ひきこもりは若者の問題だとなってきました。若者というのは10代、20代のことです。お終いの締切りが、30歳くらいまでに延長されたのです。私もなんとなく30歳までには自分の人生をなんとかしたいなあ、と思っていましたが、思っているだけで、いとも簡単に30歳は過ぎていったのです(私だけでなく、すべてのひきこもりが楽々と30歳を越していったと信じています)。

 30歳を過ぎて、私の人生は完全に終わったと思いました、これからは精神障害者として福祉とともに二人三脚で生きていこうと心に決めて、実際そのように生きていくことにしました。そして2006年のことです、突然「ニート」という言葉が生まれ、若者の定義が、34歳まで引き上げられました。それに合わせるかのように、ひきこもり地域支援センターなどの対象年齢も39歳までとなりました、39歳でも青少年なのです。何度お終いだと思っても、世の中が私を追いかけ、追い越していくのです。きっと「やればできる子」ということなのでしょう、明らかに若者でないおじさんも、若者支援の対象として就労支援が勧められる世の中になったのです。

 40歳になって若者支援も卒業。これでもう社会問題の当事者ではなくなってしまった、ロートルだ、そう思っていたところに現れたのがひきこもり高齢化問題なのです、通称8050問題。どういうことでしょう。社会問題としてのひきこもりというのは実質、5020問題から始まって→6030問題→7040問題→8050問題と、私に合わせてスライドしているのです。この方式を当てはめるなら、次にくるのは「9060問題」であることは疑いもない事実です。まあ、未来のことはともかく、ひきこもりに関して言えば、50歳までは執行猶予ということになりました。悩むのは50歳になってからでよいですぞ。

 


この記事へのコメント

  1. どうもリタイヤした、おじさんです。
    毎日ヒマなので暇つぶし名人の勝山さんを師匠として見習いたいと思います。
    8050問題のおかしさは勝山さんいう通りだと思います。
    そもそも長寿化といっても80歳は男性の約半数が既に亡くなっている年齢です。
    私の家系は短命で祖父も親父も60前後で亡くなりました。
    そして50歳というのは、職歴のない人がフレッシュマンとして就活する世代ではありませんよね。
    その年代は子育ても終わり、自分の老後を考える世代のはずでしたね。
    企業がリストラしたくて仕方ないのも、その世代です。
    新卒採用至上主義の履歴書社会では5020問題でも深刻なのに、8050問題では手遅れでしょう。
    心配しなくても将来は国民年金か福祉の方で食べていけますよ。
    弁護士などを味方につければだ大丈夫です。
    前科者などもそうしてます。
    私が思うに8050問題は氷河期叩きと同じです。
    非正規化など若者の雇用問題から目を逸らさせるのが目的だと思われます。
    こうやって適当なコメントをしているとヒマ潰しになりますね、
    私も勝山さんを見習って、もっとふざけてあと10年ぐらいは生きたいと思われます。
    今後も期待しております。

  2. 長寿化が著しい現代、10070問題もありえますね ・・・あれ?なんか違いますかね???

  3. こんばんは。
    なんとな~く病院の就労支援デイケアに通って、一瞬で1年近くたって、特に何もないまま今年三月で気が付けば30・・・。
    引きこもり問題の歴史を見ていくと、本当に「問題」として考えているのか疑わしいですね。甘えだなんだと、だらだら文句を言うだけ言って、特に状況が変わっていないという・・・。
    引きこもり問題を本気で解決しようとしたら、半分は当事者が重い腰を上げて、もう半分は社会の側が「根性無し、ダメ人間、あんまり働きたくない人」でも務まる居場所を作るしかないんじゃないかと思います。
    さっきもYahoo!ニュースで「若者の22%がニート!」なんて煽り立ていましたが、逆に考えると、それだけ豊かになったとも言えます。それで問題なく社会が回っているのですから、大したものです。あれ?自分て必要なのかな?と思うくらい問題がないです。今日も回っていきます。

    1. エヴァンジェさん、
      “ひきこもりの問題を~特に状況が変わってないという…”とありますが、病院は“本当に「問題」として考えているか疑わしい”というより打つ手なしなのです。
       こいつらは心の専門家でありながら引きこもりの心の問題、つまりいじめやパワハラといった外で受けたトラウマに対して結局何もできないからだらだら文句を言って引きこもり当事者に対してマウントをとって優越感を得るしかできないのです。
       そもそも就労支援自体が心理の素人でもできるものです。ビジネスマナーをひきこもり向けにアレンジしたものや、働く練習といった外でのトラウマを無視した根性論の押し付けでしかないから。当然、そんなものでひきこもりの問題が解決するわけがありません。
       病院がするべき本来の支援は、いじめやハラスメントといった当事者が外で受けたトラウマの治療です。それこそが引きこもり問題を解決する方法です。それなのにこいつらは自分たちの本分であるトラウマ治療ができないから魔法にすがるように薬や就労支援に走るしかできないんです。その結果、上手くいかなくなって“患者にだらだら文句を言って…”となるのです。
       医師だか看護師だかは知らないが、“精神科勤務してましたが…”という人間がいて、実際にヤフーニュースのコメント欄にて「精神科の治療は治すのが目的ですがほぼ治りません。落ち着かせて社会に適応させるのがMaxです。」と開き直った書き込みをしていました。こんなおふざけがまかり通っているのが異常です。心の問題解決しないで社会復帰なんかできる訳がありません。こんなのは錨をおろしたまま船を進めるようなものです。
       そもそも病院をはじめ、こいつらは心理の専門家とは名ばかりの素人同然で、患者が心が弱って反論できないことをいい事に横着したりボロクソにけなして無理やり言う事を聞かせるしかできない能無しの性悪です。仮に患者が反論できたとしても心が弱っているからこいつらにとってはノーダメージです。そしてノーダメージだから患者を巧みに言いくるめて上手くいかないのを患者のせいにして余計な罪悪感を植え付けるしかできないんです。こいつらは弱った人間相手にマウントをとって自分は一人前だと思いたい性悪です。正にいじめやハラスメントをするような性悪と根性が同じなのです。いじめをするような性悪は大人しそうだったり気弱な人間といった、たいして反撃できない人間を選んで攻撃してきますから。

      1. 自分は会う度、親からいろいろ言われて気持ちをやられているんですが、「引きこもり問題」は果たして本人だけで、本人の気の持ちようで解決できることなのだろうか?ということを常々疑問に思っています。
        「いつまでそうしているんだ。親が死んだらどうするのか、このままでは先細りだ!」と言われたって、行き場所が無い(と自分は思っているが・・・)根強い不安と抵抗感で動き出せないわけですよ。
        本当に周りは否定する人ばかりで、自尊心も底を尽き、一体どうすれば・・・と日々塞ぎ込んでいると。
        脱出できるものなのかなって。それは「賃労働」でなければならないのかなって。

        1. 脱出するにはコメントで書いた通り外で受けたトラウマを治療をするしかありません。
          それが「自尊心も底を尽き…」とか「根強い不安と抵抗感で…」に対応するものだと思います。
          賃労働云々はそれから先の話です。それは気の持ちようとは全く別物です。
          「気の持ちよう」なんてのは所詮根性論で、それは結局打つ手なしの裏返しでしかありません。打つ手があったらそんなものにすがらなくて済むんだから。
          否定する人はそれこそ何もできないからマウントをとって優越感に浸りたいだけの性悪です。
          いじめやパワハラをする奴と同じです。
          否定する人の話は心から聞かなくていいです。納得いかない限りは。
          納得いかないものを聞き入れようとしたって心が良くなるなんてありえない、納得いくものは自然に取り込めて自分を(いい方に)変化させるのですが、そうでないものは変化させずに苦痛なものなので。否定なんて言われた方が嫌な思いするだけでそれこそ脱出のためには何の役にも立たないものです。

          1. おふたりとも、コメントが長くなりまくっているので、
            まあこれくらいにしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です