親レンタカーの廃止

 タディー78歳、私46歳、そんな勝山家に8050問題ならぬ、7846問題が起こりました。要介護5の寝たきりママンがいるだけでも問題なのですが、それとは違う種類の問題です。

 来年の3月の車検切れのタイミングで、高齢者であるダディーが、勝山家のマイカーを手放して廃車にすることに決めたのです。私にとっては(車の免許を持っている奇蹟のひきこもりドライバーとしては)和歌山遠征になくてはならない親レンタカーだったので残念至極です。でもダディーももうすぐ80歳、ドライバー引退は.理にかなっています。

 私への影響は車がなくなるだけではありません。ダディーの車の保険に寄生虫のように加入していた、ファミリーバイク特約(原付特約)がなくなってしまうのです。4月からは、自分名義で(身銭を切って)、原付バイクの保険に入らなければなりません。ちょっとネットで調べたが、新規加入だと安いところで年2万4千円くらいかかる。冗談じゃないぞ!

 維持費。恐るべし。実家寄生虫ライフで維持費ゼロという、黄金の法則がダディーの高齢化によって少しずつ崩れつつあります。でもこれしきのことで原付バイクを手放す気はありません、ぐっとこらえて任意保険を払う、今は耐え時だ。お金が欲しい!


この記事へのコメント

  1. 無職には大打撃な金額ですよね。
    自分はLITALICOへの電車賃を貯金で何とか賄っているのですが、それも底を尽きそうで、その割にはLITALICOで得るものが無い・・・というか真剣に向き合ってくれているのか怪しくて、日々焦燥感とは不安でやられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です