ツイッターのメリット・デメリット

よもやま話

 ツイッターをやればやるほど、人生の貴重な時間を失っているのでは、そんな危機感から1ヶ月ほどツイッターをやめていました。そしてその間、ツイッターのメリットとはなにか、ツイッターのデメリットとはなにか、を考え続け、次のような結論に達しました。ツイッターをやる

メリットは「モノ知りおじさんになれる」
デメリットは「それ以外のすべて」

 です。圧倒的にデメリットのほうが多い、やらないほうがいい、しかし、私からモノ知りおじさんを取り除いたらいったいなにが残るだろう(なにも残りません)、そう思うと、ツイッターの役割の大きさを感じますな。

 ツイッターの数あるデメリットのなかで、特に問題だなと思うのは、「集中力のリセット効果」です。ちょっとなんとなくスマートファンを手にとってツイッターを見ただけで、集中力はいったんゼロになる。もともと少ない集中力が、消滅、作業効率が下がり、時間の濃度は薄まる。

 集中力希釈アプリ、それがツイッターの正体なのです、SNSとか関係ない。

 もうツイッターはやらない、我慢してスマホに触らない、そうして何をするかというと、ユーチューブを見出すのです。ずっとユーチューブを見てる、さすがにこれはまずい、もうユーチューブは見ないぞと決心して今度は何をするかというと、PSPというレトロゲーム機で『タクティクスオウガ』というゲームをちまちま始めるのです。

 ツイッターがどうこうではない、ただ〝意志のない人間〟がいるだけなのです。意志のない人間がどうやってスマホと共存していくか、特に結論もでないまま、今日も今日とてネットでせっせと豆知識を仕入れております。ああもう、スマホのない星に住みたい。


コメント