ひきこもり幸福論〈6〉

ひきこもり

 躁ライフが引き起こす惨事を、少しでもマシなものにするためには、常日頃の鬱貯金が大切です。だるい、何もする気がしないときに、きっちりと、たんまりと、空想しているかどうかで、躁状態になったときの手札が決まるのです。

 躁状態になれば考えなくなります、創造力は消滅しますから、前に考えてきたことをひっぱり出してくるしかありません。正常なときに考えたけど、面倒くさいからやらなかったあれやこれを、頭はからっぽだけど体だけは動く躁のときに一気にやってしまうのです。これならば迷惑はかかりません。正常な考えを実行に移すだけだからです。

 よくよく考え抜いたことだけを実行に移すのがよろしい。躁のときに思いつくことは、酔っぱらいの愚痴とレベル時には変わらない。つまらなて、くどい、おもしろくない。〈続く〉

 


コメント