芥川龍之介が小説家になりたいなら数学の勉強をしろと言っていたという噂の真相

芥川龍之介

 雑学・豆知識です。結論を言えば、そうは言っていない。しかし読解力のない人が芥川の評論、『文芸家たらんとする諸君に与ふ』を読めばそのように勘違いするのも、分からなくはない。

 その小文を要約してみました。オリジナルを読めばすむことで、こんな野暮なことはしたくないが、難しいから読めないという弱者のために、勝山式妄想現代語訳をしてみました。どうよ。

**********

妄想現代語訳『文芸家たらんとする諸君に与ふ』 by 芥川龍之介

①中学生諸君よ、文芸家であろうとするならば、数学を学ぶことに一生懸命に励むべきだ。そうしないと頭の弱い人間になっちゃうぞ。

②中学生諸君よ、文芸家であろうとするならば、体育の授業をしっかりやりたまえ。貧弱な体では、まともな仕事はできないぞ。

③中学生諸君よ、文芸家であろうとするならば、国語の授業なんか、まともに受けていちゃだめだ。しかし、そうでありながら、文芸のすべてに精通している、それくらいでなければ二流の文芸家にすらなれないぞ。

④数学が苦手で、運動神経がないけれど、国語のテストの点数だけはよい。これはひょっとすると自分は文才があるんじゃないか、そんなふうに思っている愚か者はいないだろうな、こらっ、文芸をバカにするにもほどがあるぞ。

⑤これは、自分の経験に基づいて話しているんだ。私は中学生時代、数学に興味はなかったし、体操は苦手でだった。でも国語の成績だけはよくって、作文を先生に褒められて喜んでいる生徒だった。私はそんな中学時代を過ごしたことを悲しんでいるしだいである。以上、文芸家であろうとする諸君へ、文芸家〝芥川龍之介〟からのメッセージだ。エッヘン。

**********

 さすがにこれだけじゃあんまりなので、原文を貼り付けておきます。↓クリックすると拡大するよ。

文芸家たらんとする諸君に与ふ

 


この記事へのコメント

  1. 頭の弱い私には妄想現代語訳通りに読めます。どこがどう違うのか教えてもらえないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です