和歌山小屋作り完成!! ひきこもりマイホーム


完成記念撮影。


この小屋を見るならここというベストポジションから撮影した、朝の小屋。


同じく、昼の小屋。

 報告が遅れましたが、7月30日にひきこもりマイホーム完成しました。生きていくのにどうしても必要なものが、寝る場所と食べるもの。そのうちのひとつ、寝る場所の自作に成功。手伝ってくれたみなさんのおかげです、さんきゅー。

 実働一ヶ月、材料費は10万円くらいかかりました。内装はまだですが、寒くない季節に寝るには十分です。私の身長が178センチです、この小屋が小さそうにみえて、実は背が高いのがお分かりになるでしょう。座って話すくらいなら、6人くらい入れます。

 寝れるの次は、生きるのに必要な「食べるもの」を自作する番ですが、その前にトイレを何とかしなきゃ……、というのが私の悩みです。バイオトイレなんか自作できるかな。


この記事へのコメント

  1. 小屋作りを手伝ってくれてありがとう。
    今回の小屋は12本の杭で固定されているんですよ。
    あと重量感が違います。前のが小屋なら、今回は小さい家ですね。

  2. ちょうど去年の今頃、
    小屋作り(屋根うったり)をすこーしだけお手伝いした者です。
    棟梁の元なんとか完成したのですね!素晴らしいです。
    流石にぶっとばされないように、重心が低くなったんですかね笑
    トイレは穴掘ってすればいいと思います!
    目隠し用に、移動できる壁があれば良いと思います。
    青森の農家の知り合いも、
    アメリカにいった時、森に住んでる人もそうしてました。

  3. 堆肥にして、畑に戻す。
    俺が循環する。
    食べないで生きれたらすごいですが
    腹はへりますよね。

  4. 家まで作ってしまうとは、ほんとうに凄いですね。
    食については、最近「不食」なるもののブームがあるそうです。食べないで生きるなんて嘘っぽいですが

  5. 完成おめでとうございます。
    野菜や果物をを作り始めれば、トイレ問題はある程度解決の道も見えるかも。
    ちゃんと、発酵・加熱してから肥料として使えば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です