【庶民の節約術】NHKの受信料を払わない方法(3)

 NHKの受信料は、地デジ+BSを合わせて、月に2280円です。年間2万7360円になります。全然割に合わない娯楽でしょ。

 私個人としては公共放送はあった方がいいと思っているし、受信料で運営するというやり方も、国や大企業のいいなりにならず、中立をたもつための仕組みとしては悪くはないと思っています、が、現在のNHKが国に対して中立かというと、とてもそうは思えない。

 それにNHKは無駄に巨大すぎる。地デジ2局、BS2局、AMラジオ2局、FMラジオ1局と、こんなにたくさんのチャンネルを使って、毎日つまんねえ番組を垂れ流しているのです、いかがなものでしょうか。

 ひきこもり大臣として提言するなら、NHKはBSテレビ1局とAMラジオ1局だけでよい(本当はラジオだけにしたいが、まあテレビも残そう)。受信料は20歳以上の人に月額10円とします。番組は報道(ニュース番組)とドキュメンタリーだけでいい、公共放送なんだから権力と距離をおき、政治的に中立をたなければ受信料を払う価値はない。受信料でなく税金で運営する形の、国営放送でいいじゃないかと思う人もいるかも知れないが、それだとどうがんばっても、大本営発表や北朝鮮放送のようになってしまう。軍縮ならぬ、NHK縮、N縮が妥当なのです。

 NHKにもおもしろい番組はある。私もNHKオンデマンドという有料動画配信サービスで連続ドラマ『あまちゃん』を見まくっていた時があります。いくつかコースがあるが、1ヶ月見放題で972円というのが標準的なコースです。テレビで見るより、NHKオンデマンドで見るほうが安いし、好きなときに好きなだけ見れる、テレビはいらないっしょ。〈終わり〉

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です