ひきこもり名人の「バリカン選び」

 コロナ騒ぎの影響を受け、バリカンが売れているとか、いないとか。ご存知のこととは思いますが、私はコロナとは関係なく20年間、バリカンでセルフカットをしております。そんな私から〝丸刈りセルフカット〟デビューしようと思っている君へ、必須道具バリカンの選びかたについて、ちょっぴり語ってみたい。

 結論を言ってしまうと、自分ひとりで、バリカンを使って丸刈りにするというのであれば、バリカンは何でもいい。どこのメーカーのものであっても幸せになれます。これから買おうとするのなら、安いやつでかまいません。

 私も安いという理由だけで「IZUMI」という聞いたこともないメーカーのバリカンを長年愛用していました。ただし、バリカンというのは消耗品です。最初は切れ味がよく、充電バッテリーも長持ちしますが、使ううちに切れ味は衰え、バッテリーは弱々しくなります。例外はありません。

 バリカン選びで、ここだけは譲れないポイントがあるとすれば、コンセントから電源をとる「交流式」にすることです(充電オンリーはやめておけ)。コードは煩わしいけれど、バッテリーが途中で弱まって、まだら坊主になるよりはずっとましです。

   *

 個人的な意見だけでは弱いと思うので、プロの意見も参考にしてみました。丸刈りセルフカットにおいてプロとは、理容師や美容師のことではありません。お坊さんのことです。

 彼らは丸刈りというより、スキンヘッドですが、4と9のつく日にいつも剃髪しているという、セルフカット業界のトップ当たる人たちです。当事者です。

 お坊さんの意見が載っている雑誌『月刊住職』というのがあり、その中の剃髪特集を読んでみました。すると、なんと、仏教にもいろいろと宗派があるように、剃髪教にもいろいろと宗派があったのです。おおざっぱにまとめるとこうです。

・T字カミソリ宗
  シック派
  ジレット派

・バリカン宗
  フィリップス派
  パナソニック派
  ブラウン派
  ウォール(業務用)派

・電気シェーバー宗

 ざっとあげただけでも、これだけの宗派争いがあります。ただ電気シェーバ宗(電気ひげそり)というのは、肌が弱い住職が信仰する宗派ですので、これは別と考えておきましょう。

 あと今回は、テーマが「バリカン選び」なので、T字カミソリ宗は(巨大な宗派でありますが)除外することにします。ごめんなさい。

 で、バリカン宗の中から、フィリップス派、パナソニック派、ブラウン派、ウォール派とあるのですが、この中のどれが一番いいのか、というのが、世俗の人間が選ぶに当たって迷うところでしょう。僧侶のみなさんもそれぞれに信仰心があり、どれが良いと決めかねます。

 私は、最初に言ったとおり、バリカンはどれでもいい、安いのでいいと思っています。でもそう言っておきながら、お前は〝今〟はなにを使っているんだ? と聞かれたのならば、こう答えることになります。

 フィリップスです。フィリップスがいいです、と。ちょっと高いけれども、新聞紙をひいて、パンツ一枚、切腹型スタイルで頭を刈っている者にとって、フィリップスのバリカンのヘッドが180度回転するという機能はたまらなくいいのです。これだと後頭部が楽に切ることができる。電気シェーバーの老舗だけあって切れ味も良い。私自身が使っているのはQC5562/15というモデル(1年前に購入、約2600円)です。

 バリカンはどれでもいい。でもあえて、ひきこもり名人推奨のバリカンを選ぶなら〝フィリップスのヘッドが回転する交流式のバリカン〟ということになります。忖度なし、アマゾンへのアフィリエイトなし、でお薦めする一品でございます。

 


この記事へのコメント

  1. 私も半年くらい前に同じくらいの値段で購入しました。
    名人と同じ機種でなんだか嬉しいです。
    髪の毛なんてただのゴミなので、禿げてる人たちがうらやましい・・・。

    1. ハゲはうらやましくなんかないですぞ。
      髪の毛は丁度いい長さで、
      とまってくれたらいいんだけどなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です