ベーシックインカムの支給額を1円から始めよう

 ベーシックインカムの支給額を1円にしよう。8万円とかいうから、みんな反対するんだ。暮らしていけないとか、生活保護がなくなるとか、ベーシックインカムと社会保障や年金をごちゃまぜにしている。ベーシックインカムはあくまでも独立した現金の土台であって、他の政策とは関係ない。ベーシックインカムのせいで、年金や福祉が消滅するわけではない。

 と説明したところで、聞く耳を持たない人がいるのだということを最近知った。橋下徹元市長が嫌いだ、維新の会が嫌いだ、だからベーシックインカムが大嫌いだ。こうなってしまうと、アレルギーであるから説明のしようがない。ベーシックインカムという言葉は広まったが、肝心な中身は伝わっていないのです。

 ベーシックインカムがどういうものなのか知ってもらうためにも、支給額を1円にして、社会的実験として始めるのがいい。支給額が1円なら、ベーシックインカムが導入されたから、生活ができないとか、家賃が払えない、生活保護がなくなる、年金がもらえなくなる、雇用保険がなくなる、君が代を歌わされる、そんな誤解がなくなる。

 ベーシックインカムとは無関係に、間違った政策によって貧困、住宅不足、生活保護の補足率の低さ、高い家賃、もらえない年金、少なくて短い失業保険、君が代を歌っているか監視する人物、が存在する。ベーシックインカムを導入しても、同じような問題は残る。ただ今の収入にプラスしてベーシックインカム分の現金が手に入るだけ、そのことだけがベーシックインカムです。過剰に期待するな、過剰に恐れるな。

 それをまず分かってもらうためにも、支給額1円、今すぐ実行してするのがいい。水道の蛇口をつける感覚で、日本に住んでいる人すべてにベーシックインカムの蛇口をつけるのです。

 


この記事へのコメント

  1. ベーシックインカムはたまにランダムで支給すれば面白いと思います。基本的に賛成なのでベーシックインカム制度の導入をして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です