ベストのカミソリ

 カミソリは何枚刃がベストか。永遠のテーマでしょ。枚数が増えるほど、値段が高くなってしまうから、単純に5枚刃がいいということにはならない。安くてよく剃れるのが大切なのです。今までは貝印の3枚刃を使っていたのですが、新製品が出たことにより、替刃が店頭で手に入らなくなりました。これを機会に別の会社のヒゲ剃りにするつもりなのです、どれがよいのか。

 5枚刃だとひとつ交換するたびに250円かかる。高い。でも3枚刃にしても、たいして安くならないのです。2枚刃にすればぐんと安くなりますが、剃り味がよくない、なめらかさがなく、ごりっとする。電気カミソリでいいのだが、刃が直接肌に当たっていないのだから、どうしたって深剃りにはならない。

 ベストのカミソリは何か、というテーマには正解はない。どれを使っていても、もっと剃り味のいいのがあるんじゃないか、つるつるに剃れるのがあるんじゃないかという気持ちから逃れなれない。深剃り、つるつる、なめらか、これこそ男子のあこがれ。それを手頃なお値段で、そんな理想を求めて薬局で吟味するのです。ちなみに今回はジレット5枚刃にしましたぞ。どうよ。

↑画像をクリックするとアマゾンのサイトに飛ばされるぞ。\(‘jjj’)/アフィリエイト

 


この記事へのコメント

  1. 働いてない、学校にいってない、だからこそ深剃りなのです。
    人目が気になる、ひきこもり男子こそ深剃りですよ。
    温めてヒゲを柔らかくしてから剃るのが
    やはり深剃りへの道ですよね。ついつい面倒くさがりなので
    朝に水でさっさとやるだけですから、いかんのですなあ。

  2. ビジネスマンじゃないんだし、そんなに深ぞりしなくたって…
    床屋が使ってる安全じゃないカミソリはどうですか?慣れれば一番深ぞりできそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です