和歌山コラーおじさん

 1週間ほど和歌山に行ってきました。マイホーム小屋のまわりの雑草を草刈機でかって、ちょっぴり見晴らしのいいひきこもりスラムにしてきましたよ。

 そんな、ひきこもりスラムがあるのはR80の限界集落です。あまり人はいないのですが、まったくいないわけではない。そんななか、滞在中に唯一遭遇したご近所さんが、”コラーおじさん”です。スラムの上の、竹やぶの向こうの道路から何度となく、「コラーーーーー!」と叫ぶおじさんがいるのです。

 誰かとケンカをしているのかと思いましたが、そうでもないようです。ただよせてはかえす波のように、高台からおじさんが、「コラーーーー!」と絶叫している。あれは何だろう? 俺たちが怒られているのかな? 最後までよくわからんのでしたが、とにかく草刈りをしていると時折あらわれては、「コラーーーー!」と叫ぶ。

 多様性とか、ダイバーシティって、こういうコラーおじさんが生きていける社会のなんだろうな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です