不登校の新名称としての“ゆたぼん”

少年革命家ゆたぼん

 不登校の子どもが、たまに学校に行くとクラスメイトから”ゆたぼん”と呼ばれ、いじめられているという哀しい記事をネットで見ました。嘘か本当かは分かないけど、なんかありそうな話です。

 ゆたぼん、ゆたぼん、ゆたぼんぼん、ゆーたぼんぼん♪ 少年革命家ゆたぼんの、教育を受ける権利に関する理解は基本的に正しい。47歳の私も10歳のゆたぼんと同じ考えです。だからゆたぼんは、ゆたぼんのままでいい。わざわざ沖縄まで行って、ゆたぼんを絶賛する茂木健一郎の存在が、私の心をざわつかせますが、それはそれ、ゆたぼんを支持していくぞ私は。

 今さらゆたぼんについてなんで語るのかと言うと、不登校という名称は後ろ向きなので、なにか新しい名称をつけようぜ、そんな記事を見たからです。これね↓

▼「不登校って言わないで」 アイドルグループが新呼称募集
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201906/CK2019060202000131.html

 でも募集するまでもなく、不登校児はすでに“ゆたぼん”という新呼称で呼ばれていて、そのことを苦に感じているという、そういう状況なんでしょ。そんななかでイベントで不登校の新用語を発表し、曲もつくるという。まさかと思うが正式に”ゆたぼん”に決まり、ゆたぼんが曲をうたうんじゃないだろうな。ちょっと心配だ。

※注 ↑一番上の画像をクリックするとゆたぼんの動画が見れるぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です