大人から始める発達障害 Ⅰ

 よく遅刻をするとか、よく忘れ物をする、そんなレベルでは全然足りません。絶対遅刻、絶対忘れ物、荷物が2つあれば家に帰るまでに、ひとつの荷物をどこかに忘れてきてしまう。そういう人生をずっと送ってきました。

 活動量の少ない多動児、勝山おじさんです。こんな発達障害丸出しでいると、今はコンサータという薬を飲んで治そうとなるそうです。でもね、一番は諦めることです。遅刻する、忘れ物をする、しかたがないと諦めるのです。つい最近も、電車の中に傘を忘れてきてしまいました。

 もはや、折りたたみ傘のみ使用して、使わないときは鞄にしまうという対処法しかないのです。鞄は常にひとつ。ふたつ持ったらいけません。たまに買い物で荷物が多くなり、鞄のほかに紙袋など持つと、ひやひやすると同時に、もし家に帰る前に荷物を失くしてしまっても、諦めよう、受け入れようと自分に言い聞かせます。うっかり込みで、生きていく技が重要なのです。〈続きⅡ


この記事へのコメント

  1. コンサータってうっかりに効くんですかね。
    二回目の出版記念講演会でお逢いしましょう。
    発達障害って何なのかと思いますよ。
    軽い入門書みたいなの読むと、恐ろしいほど当てはまってしまう。

  2. おはようございます。
    俺も悲しいけど発達障害です。
    人の輪に入れない、空気が読めない…。
    見事なまでの社会不適合者ですよね。
    自分の病気調べたりするのも面倒でよく知りません。
    ただ、最先端のひきこもりって思います。

  3. 私もだいたい3つ以上のことはどれか一つ忘れます。コンサータはあの悪名高いリタリンと同成分なんですね。そんなもの子供に飲ますなんてどうかしてます。「安心ひきこもりライフ」届きましたよ。ブログに書かれた以外の文章が多くて興味深く拝読しております。真・出版記念講演会ぜひ行きたいです。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です