テオ・ヤンセン展

 お台場でやっているテオ・ヤンセン展に行ってきました。テオ・ヤンセンって誰? という人はこの動画をご覧ください。

 割り箸ロボットみたいなやつが、さわさわ音をたてながら歩くのがかわいい。ヤンセン最高だよ、とおもわず言いたくなるほどです。大きいやつは、風の谷のナウシカに出てくるオームのような迫力がりまする。小さいやつは会場で実際にさわって動かせたりします。

 ひゃほーい、おもしろい。これが正しい芸術ですよ。


この記事へのコメント

  1. 動力は人間が押すか、引っ張って動かします。
    最後の写真は私が実際にさわっているところです。
    物理学をもともとやっていた人だけにすごいんですよ。
    そばで見ると結構かわいいですよ。

  2. すごい!けど、ちょっと怖い…
    検索してみたら、他にもたくさん作ってるんですね。あのキモいBigDogとか…

  3. 動画見ました。ホントに虫のように軽やかに動くのですね。動力は電気なんでしょうか。さすがに人が乗る事は出来ないようですが、さわって動かせるというのは、面白そうだと感じました。普通こういう芸術品はさわれないのが当たり前なのに。
    そして、最後の画像に写っているのは名人ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です