夜回りおじさん

 水谷先生こと、夜回り先生が、癌になったのを理由に学校の教師を辞めてから、もう8年くらい経つ。ずっと「先生」だと思っていたれども、よく考えると、もう先生じゃない、水谷さん、もしくは夜回りおじさんですよ。

 水谷さんは、ほんとうは学校で勉強を教えるのはそんなに好きじゃなくて、夜の街を徘徊し、不良少年らと交流することがご馳走だったんじゃないだろうか。勉強を教えるのが嫌で、ストレスで癌になって、でも学校やめたらストレスがなくなって、大好きな夜の徘徊三昧の日々。それで、癌の進行も遅くなったのではないか。ラストメッセージだと思っていた本も、次々新刊が出ている。

 やっぱ、自分が好きなことだけをするのがいいんだ。いいぞ、がんばれ、俺たちの水谷おじさん!


この記事へのコメント

  1. まさか、漫画原作者の土田世紀が43歳の
    若さでなくなるとは。編集王好きだったなー。
    編集王と俺節が好きですね。編集王では
    仙台さんが好きなんだよー。マンガバカは素晴らしい。

  2. ええ!?土田世紀といえば、読んだことのある作品が幾つか思い浮かぶんですが、本当に死んじゃったんですか!!
    今じゃ水谷センセイがタフなのか否かがわからなくなりましたね。

  3. 教師でもないのに、先生と呼ばれるのは
    嫌がる人なんじゃないかなあ、とかってに想像しています。
    どうなんですかねえ。

  4. 確かにもう教師ではないですけど、大学の客員教授はされているみたいですね。
    政治家や医者みたいに「先生先生」って呼ばれても天狗になるような方じゃないので、これまで通り“夜回り先生”でいいんじゃないでしょうか。
    この方の面白い所は、あれだけ若者と接しているのに、流行りものには疎い所があって、以前ドキュメンタリー番組で「知っているアイドルは?」って聞かれて、「キャンディーズに桜田淳子」って答えてましたから。
    浜あゆや倖田來未が全盛の時代でしたから、思わず「いつの時代だよ!」って突っ込みを入れさせて頂きました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です