仮面ライダーは精神病なのではないか?

 仮面ライダーはたった一人で悪と戦い続けるヒーローだと信じてきましたが、あれ、もしかして、ひょっとすると、

 仮面ライダーは心の病気で被害妄想に取り憑かれてしまい、ただのサラリーマンを悪の組織ショッカーだと思い込んでキックやパンチをおみまいする、幻聴幻覚さんでおなじみの「べてるの家」に通うバイク好きの患者なのではないかと思い始めました。

 精神障害者の作業所に行っているとよくあることなのですが、メンタルの調子が悪くなると、なぜかみんなそろいもそろって被害妄想になります。もちろんそこにたどりつくまでの道のりというものがありまして、

 まず元気なる→元気がですぎる→この世に正義がないことに嘆く→自分しかいない→この星を守るために悪と戦う決心をする→悪の組織の反撃を受ける→被害妄想→入院。

 このように正義のライダーはいつも大変なのです。私も常にこの星を守りたいと思っている人間のひとりですが、ただ元気ないので、不本意ながらブログ弁慶にとどまっておるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です