北海道河童

 北海道から帰って来ました、そして今週の金曜日には徳島に行く。ちっとも、こもっていない、出ずっぱりです。不登校全国合宿の開催場所、北海道の定山渓の現地に到着して、そしてはじめて名物が「河童(カッパ)」だと知りました。なんだよー、最初にそれを教えてくれたら、緑の服を着て河原をうろついて、みんなをドキドキさせたのに。

 夜に河童捜索隊を組み、河童淵に向かいましたが、道しるべもなく場所もわからない。地元民は河童で町を盛り上げようという気迫にかける(某旅館の建物の上にはシャチホコが鎮座しているありさまさ)。結局、自力で沢に降りるコースを見つけられず、河童との邂逅を断念しました。

 河童って、もともとはストレスで頭皮にダメージを受けた、ひきこもり中年男性が、村の子どもに妖怪と間違われたっていうのが、きっと発祥だよ。キュウリ大好き、子どもと相撲をとるのが大好き、そして泳ぎが得意。ほぼ俺だよね。


この記事へのコメント

  1. カッパがお好きなら荒川アンダーザブリッジのアニメとコミックをおすすめします。
    でも、尻子玉というのがなんなのか、さっぱりわかりません。
    かっぱが欲しがる玉…なのでしょうか?

  2. 本を読んでいただけて感謝。威風堂々たるバカ息子こそ、
    人生にこくと旨味を与えてくれます。
    昔からいたんだよね、ひきこもりって。
    江戸時代は名称が河童だったんだ。

  3. 河童はおそらく、ひきこもり男子ですよね。ひきこもっていると、河童っぽくなりますもん。

  4. 「安心ひきこもりライフ」読んでひきこもり達人のファンになりました。うちのバカ息子もひきこもり4年目です。いつかは高認をとって週に二三日でもバイトくらい出来ないものかとこの4年悶々としてきましたが、この本を読んでふっ切れました[E:coldsweats01]
    べつに働かなくても生きていたらいいやと開き直る事にしました。いろんなとこに出掛けてひきこもりの人権を主張してくれてありがとう。でも疲れない程度にぼちぼちやって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です