デモクラティック大名(5)

 謙信は思いました。武田軍はなにかをたくらんでいるぞ、ならばその相手の作戦の裏をかいてこっちから攻めてやろうと思い、上杉軍は真夜中に全員下山します。どこに? 武田軍本陣の眼の前にです。

 川中島の名物は霧です。朝になると数メートル先も見えないほどの霧が発生します。武田軍もこの霧を利用して夜中に出陣して、朝方霧が晴れるころに山上の上杉本陣に攻めかかる予定でした。いざ朝になり、武田先鋒隊が上杉本陣に攻めかかります、が、そこはもぬけの殻、兵士のかわりに藁人形が置いてあるだけでした。武田先鋒隊は作戦が見抜かれていたと気づきます。

 そのころ川中島の平地も霧が晴れてきます。武田信玄の目の前に、山上で先鋒隊と戦っているはずの上杉軍が現れたのです。信玄は作戦の失敗したことを悟りますが、どうすることもできません。歴史に名高い、川中島の合戦のはじまりです。このあと本陣と本陣がぶつかり合い、旗本と旗本とが戦う、戦国時代随一の激戦となるのです。〈続く〉

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です