神様の塩飴

 汗をかくと水分が失われます。でもそれだけじゃない、塩分もなくなっているのです。野菜に肥料が必要なように、現代人にも肥料が必要。そこでお薦めしたいのが、塩飴です。私は日本で一番塩飴に詳しいひきこもりを自負しています。そんな塩飴ソムリエがお薦めする一品がこれ。

gazo

 

 ばーん。炎天夏塩飴です。炎天下ではなく、炎天夏になっているので注意。神様の塩飴ですよ。塩パワーとおいしさで群を抜いています。これ以外は偽物だと思ってもらって構わない。定価税込み210円と高価ですが、確実に力を与えてくれますよ。

 百円均一などで売られている塩飴にはまるでパワーがない。就労活動するひきこもりと同じくらい力がない。最近の塩飴業界全体が間違った商品開発をしており、甘い味つけのものが多い。登山や農作業、スポーツで求められるのは塩のしょっぱさ。甘ったるい、中がべたべたするのはご法度です。塩飴に必要な条件を満たすのはこれだけ。見つけたら一夏分買うべきです。私も3袋買いましたぞ。

 


この記事へのコメント

  1. せっちゃんが炎天夏塩飴をなめていたらな
    元気はつらつ、いじわるな親戚をボコボコにしていたでしょう。
    大きいドラッグストアにも売っています。
    富士山登頂でも大いに活躍しましたよ。
    炎天夏塩飴と麦わら帽子と濡れたタオル。
    この三点セットは農作業にはかかせませんなあ。

  2. お久しぶりですっと言ってもご記憶にはないと思いますが、常にチェックはしております。昨日炎天下で畑ののびきった草取りをしていたところ、急に意識がなくなり、ぶっ倒れてしまいました。今も頭ががんがんします。あのまま逝っても別段悔いはなかったのですが・・・。今度その「炎天夏塩飴」とやらを探してみます。勝山さんも体に気に付けて農作業してくださいね。

  3. 初めまして、勝山さん。読んでてためになるブログで、初コメントさせて頂きます。
    僕の住んでる田舎のスーパーではこいう便利なものをは見たことないです。一度味わってみたいものです。塩って大事ですね!

  4. ネットで調べてみたら「サクマ製菓株式会社」という会社から発売されているようですね。
    もっと、調べていくと元々は「佐久間製菓株式会社」だったみたいですね。
    佐久間製菓と言えばサクマ式ドロップス、サクマ式ドロップスといえば「火垂るの墓」ではありませんか!
    私は「火垂るの墓」何十回と観るくらいのファンで、せっちゃんのセリフも言えます。しかし、友達に「火垂るの墓」巡礼の旅に誘っても断られます。
    せっちゃんが「火垂るの墓」で炎天夏塩飴をなめていたならば、どんなストーリーになっていたでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です