カーッ、ぷえっ

 カッーッ、ぷえっ、と痰をはく。そんな病人生活を10日以上続けています。ウイルスというやつは、がんばり屋さんで、この虚弱体質の男からなかなか離れようとしません。しかし一日中寝て過ごす安静生活を続けてきたおかげで、クロレッツのような緑色の痰が、黄色になり、そして透明になりました。やつらは死んだ。

 それから2日、もう治ったと思ったのですが、ごほごほと咳が止まりません。風邪は治りかけが大事とも聞きましたので、まだしばらく安静にしていようと思います。なんで風邪が治らないのか、風邪なんて3日、長くても一週間で治るのが普通だろうと自分を責めていましたが、今ふと、これは自分のせいではなく、環境が悪すぎるせいじゃないかと思い直したのです。

 朝9時から夜まで続く、老婆ママンと老爺ダディのいがみ合い、それを聞きながらの闘病生活。老婆がどなり、老爺が嘆く、そんないがみ合いが朝食と同時に始まり、夕飯が終わってどちらかが寝るまで続くのです。地獄ステレオ、右からは老婆の金切り声、左からは老爺の溜息が、たえずBGMとして流れてくるのです、日当たりの悪い団地の1階の、こんなミュージックホールの中にいて、病気が治るでしょうか。

 ごほごほ咳をしながら、ぺったんこの布団に横たわり、天井を見る。きっと死んだあとに行く地獄って、この家みたいなところなんだろうな、早く風邪が治ったらいいなあ、図書館のような静かなところに行って、人間同士の醜い憎しみあいから解放されたい、それだけを願います。ああ、ブログを書いている今も、老婆が怒鳴り上げ、老父が嘆く声が聞こえます。ああ、咳が、咳がでるのでございます。

 家族のいがみ合いがないのなら、そこはきっと天国です。しかし私は生きながらして、このような地獄で暮らしている有り様ですから、きっと一生はおろか、死んだあとも、家族同士が微笑んで暮らしているような楽園には行けそうもありません。病気で咳をしながら、いがみ合いCDベスト盤をリピートで聴き続けるのです。

 そんなわけで、風邪をひいてから12日たったいまでも、まだ風邪ひき続行中。卵酒でも作ろうかと日本酒を買ったのですが、台所から聞こえるいがみ合いの声に耐え切れず、常温でそのまま日本酒をぐいと飲んでしまいました。私は何をしているのでしょうか。これでは治るものも治りません。温めた日本酒を、とじた卵の中に注ぎ、砂糖で味付けする、と作り方を諳んじていながら、ひきこもり部屋でひとり手酌酒です。

 体は弱く風邪は治りませんが、精神力は鋼のように強くなってきました。どんな地獄でも大丈夫、体は虚弱、精神は鋼鉄、どんないがみ合いの中でも生きていけますぞ。

 


この記事へのコメント

  1. ポカリスエットを買ってきました。
    ごくごく飲んでおります。
    耳栓をすればいいのか、
    答えは簡単ですのう。
    もう大分、よくなりました。
    音楽で、いがみ合いの音を消す、
    私もよくやっています。

  2. 耳栓、いいね! 私はヘッドホン派です(特に病院の待ち時間で)。目は閉じれば見ないで済むけど、耳はそうはいかない。音は嫌でも聞こえてくるねぇ

  3. 耳栓をしてみては如何でしょうか?
    私もうるさいと耳栓をするのが癖になってます。
    だいぶ違いますよ。

  4. しっかりと、水分を摂ってください。
    そして、寝てください。
    風邪のウイルスは、水分が苦手だそうですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です