夏は市民プールで勝ち組

 過去にも何度も同じようなことを書いているが、改めて夏に勝ち組になるやり方を、勝利の方程式をここにはっきりさせておきたい。

 エアコンのきいた部屋で陰気に涼んでいるような人は全員負け組です。親が死んだあとの将来も、冷え冷えです。勝ち組になりたければ、1番暑い時間帯の、昼12時~13時に市民プールに行くこと。屋内の温水プールなんかではだめです、夏だけやっている、1時間100円くらいの屋外の市民プールに行くのです。

 昼のプールは子どもだらけで混んでいるイメージがありますが、昼食タイムはちょっとすいています。プールに来ているほとんどが小学生とその保護者で、ひとりぼっちで泳いでいるおじさんは私ひとりですが、気にすることはない。プールの監視員に、まさに監視されてしまいますが、気にすることはない。世間の視線なんかを気にしたら、俺たちは何にもできなくなっちまうんだぞ。

 プールでやるべきことは、ただ25メートル泳ぎ、休む、を繰り返すことです。これを30分くらいやってプールサイドに寝そべる、もやし色の肌に紫外線を浴びせる。そして、とっととプールを後にします。これで勝ち組への準備は整った。仕上げとして近所のスーパーに行き、冷やし中華を買います。冷やし中華は、サウナのあとの水風呂のようなものだと思っていただきたい。

 冷やし中華こそ夏の完全食。よく見てみたまえ、冷たくておいしい麺のうえに、キュウリ、ハム、卵とバランスよくのっているじゃないか、これをプールで日差しをたっぷり浴び、泳いで小腹が減ったあとに食べるのだから、勝ちまくりです。食べた瞬間出てくる言葉は、「うひょー」しかない、「うひょー」です。勝ち組確定。よって8050問題は解決しました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です