なまけ神の「STAY HOME」

 なまけ神にとって、「STAY HOME ウチで過ごそう」なんてものは、袋の中のモノを取り出すのと同じくらい簡単なことで、気にもとめていませんでした。

 昨日など、あんまり夜ふかしばかりするのは良くないと思い、早めに寝たのですが、起きる時間はいつもと一緒でした。寝る時間だけが増えたのです。これが、なまけ神(怠惰之神)の力です。

 そんな、なまけ神でもステイホームにおいて、しくじったなということがいくつかあります。なまけ神が失敗したのですから、なまけていない、凡庸な民ならなおのことと思い、反省を込めて書き並べておきます。三点、こんなことをしてしまいました。

・コロナウイルスの情報収集

 コロナが流行り始めた頃は意味のあることでしたが、すでに、ありとあらゆる推論、憶測、仮説が出尽くしている今、ニュースを追いかける必要があるのでしょうか。もうないんじゃないか。おまけにコロナは新型だからという理由で、結局のところ真実はわからないのです、テレビやインターネットでの情報収集はほどほどにしたい。

・買い占めをしない

 ドラッグストアに行列をつくってマスクを買う人たちを、あさましいなあと思っていましたが、いざ緊急事態宣言の真っただ中に、自分のマスクがあと一枚という状況になってみると、あの人たちが正しかったんだと思う次第です。

 なぜ私は、マスク不足は解消されるなんていう、バレバレの国の嘘に引っかかってしまったのか…、自分の愚かさに呆れ返ってしまいます。国の嘘を見抜いていた人たちが、マスクを買いまくっていたのですな。

・お酒を飲んで気晴らし

 寝正月のアル中プレイをこのタイミングでやれば、気づいた時にはコロナさわぎも終わっていると思い、酒とつまみを用意して、韓国ドラマ「善徳女王」全62話を堪能しておりました。しかし、すべて見終えた今も、コロナウイルスは健在でございます。こんな長期間になるとは思いませんでした。このままではコロナになる前に、アル中になってしまいます。オンライン飲み会ではない、ひとりオフライン飲み会には注意が必要です。

 

なまけ神からのメッセージ

 なまけ神もの申す。「STAY HOME」の真髄とはなにか、それは正々堂々と停滞することでしょう。動かざること山の如し。日常やらなかったことは、非常時にもやらない。向上心を捨てて、停滞する。なまけに近道なしです。

 以上が、六畳間で、座布団のうえであぐらをかきながら、なまけ神が達した結論です。どうでしょう、いかがなものでしょうか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です