元祖暴力支援、長田百合子のクラウドファンディング

 若い人にとって、ひきこもり暴力支援といえばワンステップスクールでしょうが、私のようなベテランユーザーにとっては長田塾のほうがなじみがあります。百聞は一見に如かず、知らない人のために長田百合子の動画を貼っておきましょう。

 たーわーけー。親に子ども殴らせて共犯者にしたあとで、長田寮に護送する監禁するという得意のパターン。2時間でひきこもりを治す奇跡のオバちゃんと自ら名乗っておりました。その後、裁判に訴えられて負けたり、同業者で妹の杉浦昌子が運営する「アイ・メンタルスクール」が変死事件をおこしたりと、いろいろあったあと、2017年の6月にひっそりと潰れていた。→長田百合子公式ホームページ

 しかし何か腑に落ちない。ゴキブリ人間の長田が寮の利用者が少なったくらいで、おとなしく店じまいするだろうか、ちょっと気になったのでグーグルで検索して調べてみたところ、出てきたのが長田百合子のクラウドファンディングです。ばーん。


児童養護施設の子ども達にバイオリンコンサートを開催したい!!  年間50か所へ♪

 「すくすく合奏団」という素人グルーブをつくり、児童養護施設でコンサートをおこなうための費用が必要だと、クラウドファンディングで金集めをおこなっています。

 おい長田、バカも休み休みやれよ。トランプのジョーカーみたいな顔して、何がバイオリンだ! 散々にひきこもりに働けと言っておきながら、自分はネット乞食するってどういう教育を受けてきたんだ。すでに81万円も集めているのか…、こんな楽に金儲けできるなら、長田塾をやめるのも無理はない。

 長田百合子の野望は、子育て支援事業として素人バイオリンコンサートを児童養護施設などで開催し、寄付金を集め、認定NPO法人設立することだそうです。全然こりてないというか、ぴんぴんしている。

 魯迅が、川に落ちた犬は棒で叩け、そうしなければ犬はまた川からはい上がって人を咬むだろう、フェアプレーは早すぎると書いていましたが、魯迅先生の言う通り。川に落ちた長田は川からはいあがり、こんな汚え金集めを意気揚々とやっております。世も末だな。


この記事へのコメント

    1. 悪徳支援団体ガイド『『全国ひきこもり・不登校援助団体レポート』には
      殺人(故殺)事件をおこしたコロンブスアカデミーも載っている。
      これを見れば、選んではいけない団体が一目瞭然だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です