原付バイクのヘルメット

 お金は使うとなくなっちゃう、それが悲しい。お金を使いたくない、だからか古くなったものもしぶとく使い続けている。私はたいへん物持ちがいい。今使っている、バイクのヘルメットも10年以上使っています。個人的には永遠に使い続けたいけど、スポンジが破れ、汚いし、臭い。いくらなんでも買い替えなきゃいけない。ちなみにヘルメットの安全上の寿命は3年。それ以上たつと、素材が劣化して安全性が保てないという。

 私はフルフェイスというタイプのヘルメットを愛用していますが、これが二万五千円〜三万円くらいする。高い。もちろんこれにもピンからキリまであって、安いのは一万円くらいのも、あるにはある。

 だったら安いヘルメットでいいじゃないかと、考えるのが当然だけど、安いヘルメットがなかなか頭に合わない。靴選びと一緒で、ヘルメット選びも、結局は頭にぴったり合うものを探すことになる。安いヘルメットがぴったり頭に合う人は幸せだ。

 今まで買ったヘルメットは通算、6個。そのうち2個は盗まれ、1個はなくした、2個は使い物にならないので捨てた。日本は治安がいいというけど、バイクに関して言えばゴッサム・シティ、泥棒だらけだです。ヘルメットとか、バイクの部品とか、すぐに盗まれる。

 ヘルメットには、フルフェイス、ジェットヘル、半帽と三種類あるのですが、私はいつもこれを不思議に思うのです。フルフェイス以外は、はたしてヘルメットなのだろうか。ジェットヘルにしても半帽にしても顔面が、がら空きじゃないですか。バイクであろうと、徒歩であろうと転ぶとしたらどっちに転ぶか、たいてい前に倒れるでしょ。人間転びそうになると、自然と手をつこうとする、身をよじってでも、両手を地面につこうとする。つまり前に倒れるのです。


  ↑左からフルフェイス、ジェットヘル、半帽

 後ろにひっくり返って、後頭部をしたたか地面に打ちつける人はあまりいない。だからジェットヘルは見かけほど安全でないと私は思っている。半帽に至ってはヘルメットでもなんでもない。あれは転倒して、いっぺん空に飛び、「脳天から真下」に落ちた場合のみ、頭を守ってくれるだけ、前後左右どっちに転んでも怪我をする。工事現場のヘルメットがあのタイプでいいのは、上から落ちてきたものから頭を守るためだからです。バイク運転中に上から落ちてくるのは、鳩のフンくらい。半帽はだめだ。

 最近のヘルメットは、でかくなってきた。ほとんどのフルフェイスのヘルメットが、スクーターのメットインの部分に入らない。それもあって、新しいものに買い換えるのを躊躇して、ぼろぼろヘルメットを使い続けています。でも、もう買う。明日買います。


この記事へのコメント

  1. バイクレーサーのイメージですよね。
    バイクを傾けて曲がる人専用の感じ。

  2. わたしは原付で近所をうろうろするぐらいのレベルなので、半帽タイプですませています。
    フルフェイスはお尻の位置の高いバイクで高速100kmぐらい出す人たち用だと思ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です