mixiやめました

 ネット中毒を治そうと、フェイスブックに続き、mixiもやめました。と言ってもmixiはともと放置してあったものなので、ネット中毒解消とは関係ありません。やはりツイッターをやめないといかん。SNS(ソーシャルネットワークサービス)すべてをやめないとどうにもならん。

 ツイッターそのものに中毒になるのではなくて、それが中毒の起点になるのです。つぶやきに貼られたリンクをクリックして別のサイトに飛ばされる、そこに書いてある知らないことをグーグルで検索する、ウィキペディアを読み、2ちゃんねるのまとめサイトをほうほうと眺め、クソみたいなレビューを読みまくるうちに何時間も経っている。時間泥棒がいるよ、ママー。

 ネットは必要なものだけを見る、そのことを心がけています。ためしにブラウザの履歴を見てごらん、怖ろしいことになってるでしょ。私は1日に300ページくらい無駄サイトを見ていた。その無駄ページヘの足がかりの一つがツイッターで、もう一つがヤフートピックだ。あれは麻薬だ。最新の興味ある話題がが1行、それが8個並んでいるだけで、怖ろしい破壊力がある、見れば必ずクリックしてしまう。

 残りの人生を、ヤフートピックを見ずに生きていくことにした。これで人生が変わる、自分の時間が取り戻せる。うっかり見ないために、ブラウザを起動した時にあらわれるスタートページ(ホームページ)をヤフーから、シンプルで検索窓しかないグーグルに変えた。

 得る情報よりも、失う時間の害のほうが大きすぎる。あとアマゾンレビューのような、ネットの匿名の口コミも見ないようにする。あれっていいかげんで信憑性がないくせに、妙に中毒性があるでしょ。ついつい読んじゃうんだよな。

※豆知識 【口コミ】とは 評判・うわさなどが口から口に伝えられて広がること。▼マスコミをもじった語


この記事へのコメント

  1. アマゾンのレビューの内容が、陰険になってきた
    ような気がするんですよね。
    snsやめよう、でもツイッターは
    もう少しやることにしました。
    寒いけどがんばって歩きます。

  2. アマゾンのレビューは多数寄せられた5段階評価の平均だけを買い物の参考にしています。いわゆるビッグデータみたいなものなのでまあまあ信用できます。
    雑誌のレビューの逆です。あれは本文はともかく点数が信用できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です