おしゃべりこそ最大の娯楽

 3-4人で集まってのおしゃべりが、ホモサピエンス(ヒト)にとって最大の娯楽である、というのが私のおしゃべり最強説です。

 実際、世の中はおしゃべり施設であふれている。居酒屋、ファミリーレストラン、喫茶店と、おしゃべりスペースばかりじゃないか。外で食べたり、飲むのは、すべておしゃべりのためなのです。アルコールもコーヒーもおしゃべり増強ドリンクなのです。

 麻雀やボードゲームがおもしろいのも3-4人集まっておしゃべりするからです。ゲームはおしゃべりするためのきっかけに過ぎない。

 しかし、学校にも会社にも行っていないと、おしゃべり仲間を3-4人集めるのは至難の業。身近に誘う友達もいない。なんとがんばって1人呼んで、2人で話すのが精一杯(しかし2人でのおしゃべりというのは何か物足りない)。そこで仲間を求めて居場所のようなところにいくのですか、そこには10人、20人とけっこうな人が集まっている。

 ちょうどいい人数である3-4人のおしゃべり会を作って楽しむことができたのならば、これ以上娯楽として必要なものはない。なんとか3-4人のおしゃべり会をつくれないものかと常々考えております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です