社会性をなくす方法

 施設に収容されれば、社会性はなくなる。外に出ることを「脱走」と呼ぶような空間、長田塾とかタメ塾とか、そんな非日常的な場所に閉じ込めておけば、社会性などあっという間になくなる。そもそもそ塾長自身が、ない。

 ひきこもりを理由に精神病院に入院させたら、やはり社会性はなくなる。部屋にずっとこもっているのも社会性はないが、鉄格子がついた大部屋に収容されてしまっては、社会性などマイナスでしょ。デイケアとかで訓練しても、焼け石に水。鉄格子&畳敷きの大部屋で、薬漬け。社会復帰も社会参加もありえない。

 長田塾に入れられるくらいなら、犯罪を犯して刑務所に入った方が、まだ社会復帰の可能性がある。矯正施設だといつ出られるか分からないが、刑務所には裁判所で定められた刑期で、シャバに出られる。タメ塾なんか、親がお金を払いつづける限り、一生施設暮らしでしょ。

 収容施設内で、生活訓練やら就労訓練をやりますが、強制的に入れられたうえ、外へ出ることが出来ないような、異常空間で何が身につくというのでしょうか。社会生活からの完全離脱です。施設の外にでなられない収容所に、社会はない。

画像


コメント

  1. ろって より:

    長田塾でひき脱出できた人は彼女のことや
    施設での生活を今はどう思っているのでしょう?
    やはり鬼、地獄というのでしょうか?
    そして長田氏は今どうしてるのでしょう?

  2. ヨハネ13 より:

    ニェート(いいえ)。
    賽銭泥棒には、お地蔵様の、
    それはそれはおそろしいおそろしい、
    「たたり」が下りますぞ…(ギヌロ

  3. 勝山実 より:

    悪魔から逃げるには、
    さい銭泥棒がスケールが小さくてよいのでは。
    当たり前のようにアウシュビッツが存在しているのが怖い。
    かつてのハンセン病と同じ扱いでしょ。

  4. 僧正 より:

    引きこもり界のアウシュヴィッツ、それが長田刑務所なのですなぁ。

  5. ヨハネ13 より:

    まさに。
    既成の教育ルートから外れた人々をカモにしてる、
    犬畜生にも劣る悪鬼どもが跳梁跋扈してるのが、
    今のこの国の残酷な現状です。裏を返せば、それほど
    「公教育」の振り翳す権力は絶大だということ…!
    しかし、刑務所に入るためには、何か刑法を犯さねば
    ねりませぬね。ひきこもりができる犯罪で、極力人様の
    迷惑にならないモノとなる、と…。
    うーむ……………
    「食い逃げ」かな?
    どうせなら、一週間位断食した後の中華料理フルコースで、
    パァーッと! なーんて!冗談!ジョーダン!