ひきこもり極意

 働くことが大嫌いなくせに、気の弱さから頼まれると断ることが出来ず、アルバイト先でいいように利用され、こき使われてしまうひきこもり。これに手を抜くことが出来ない、完璧主義が合わさると人の何倍も疲れてしまう。

 極意を伝授しよう、ひきこもりよ持病をもて。重い荷物と軽い荷物があれば、重い荷物ばかり持たされていたのも持病がなかったせいだ。これがもし腰痛持ちの人ならば、ヘルニアをかばおうという気持ちがあったのならどうだろうか。普段から持病をアピールするべきだ。健康と持病が両立するのが、世の中の妙味というもの。

 「イタタタ、今日は腰が痛いや」、こんなのでいい。この一言で怠けもサボりも見逃してもらえ、公認される。嘘をつくたびに黒い十字架を背負わされる気分になるような、繊細で虚弱な人間が生きていくための、ひきこもり仮病の極意である。Youtuu_2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です