電子書籍

 電子書籍って、ようは山師のはったりでしょ。たいして価値のないPDFファイルもどきを作って、それをすごく流行っていると吹き込み、どさくさまぎれに売ってしまおうという作戦。iPhoneで本を読むより、ブックオフで文庫本を買って読むほうがずっと機能的なはずだ。有料の電子書籍を買ってしまった人は残念。アフィリエイトの儲け話に手を出してしまった、ひきこもりと同じくらい残念だ。


この記事へのコメント

  1. 昔に読んだ本でタイトルや著者名は思い出せないのに表紙のデザインだけは覚えているということがけっこうあります。それを手がかりとして再会できたということもありました。表紙って重要だなと思いましたよー。

  2. 文字がなかなか頭に入ってこないという時ありますよね。
    私はそういう場合、ファミレスで本を読んでいます。
    場所を変えると、集中力がでるんですよ。
    有料コンテンツのほとんどは、今ある無料のものに
    劣る気がします。とはいえ、私も寂聴モバイルサイトに
    かなりのお金を使ってしまいました。てへへ。
    電話と電子書籍をくっつけないほうがいいですよね。
    無線LANでダウンロード。持ち運び、辞書はすべて標準搭載で、
    価格が安いものがでれば、普及するかなあ。

  3. 日本の電子書籍自体まだまだ問題大有りなのにiPhoneやiPadで電子書籍が見れるからといって購入してしまうのは林檎と孫の策略に嵌っています。
    通信費は無料、新作も当たり前のように読めるといった、アメリカ版のキンドルが日本で発売されるようになった時が電子書籍が当たり前のように読まれる時ではないでしょうか。
    今の日本の電子書籍はスイーツ()などと同じ扱いのように感じえます。

  4. 着うたフルに登録しちゃったようなものですね。
    有料にする価値が無いのに、有料で金を取るという手法は、モバイルコンテンツに多いように思います。
    あまり詳しくは、さすがに私も書けませんが。

  5. 私は今本が読めません。
    ページをめくって文字を追うのですが
    頭の中に入ってきません。
    こまったものです。
    このブログを読んでいても
    半分脳が眠っているような感じで
    ちゃんと読めていません。
    そんな奴はコメントするなと
    怒られそうですが・・・
    すみません(泣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です