牛鍋丼がまずい

 牛鍋丼がまずい。まずい料理はどこにでもあるけれど、全国チェーンで一斉に発売して、大好評なのにまずいってすごい。当たり外れとかではなく、料理としてなりたっていない。

 これって、すき焼き丼ですよ、基本的に。これに生卵をかければ料理として完成するはずです。なのに料理の途中、生卵を入れ忘れたとしか思えない味です。肉よりも、こんにゃくがメイン、そして小さい豆腐がひとつ。280円は格安だが、白いご飯のほうがおいしい気がする。七味をかけたり、紅しょうがをのせたり工夫してみたが、まずさはキープされたままだった。やっぱり生卵なしでは、食えない料理だと思う。

 これを単品商品としてゴーサインを出した経営者がすごい。たぶん、すぐにメニューから消えると思うので、歴史の証人になりたい人はすぐに食べるべきだ。感心する、まずさ。吉野家の、糸こんにゃく丼。糸こんにゃくが好きな俺ですらまずいのだから、悪魔の仕業だ。豚丼じゃだめなのだろうか。吉野家は近いうちに2回目の倒産をするような気がする。

画像


この記事へのコメント

  1. 食べてきました牛鍋丼。
    昼時だったせいもあり自分を含めてこれを頼む人、多かったですね。みなさん、必ず卵を一緒に頼んでましたが。
    料理の欠点を客にカバーさせる吉野家、さすがです。
    食してみての感想、もっと超絶的なまずさを期待してましたが意外と普通に食べられました。普通すぎてあまり味がしないですが。あと、こんにゃくの比率は三割くらいでした。横浜のこんにゃく率はもっと多いみたいですね。

  2. 民事再生ですね。つぶれかけた
    と言うのが正解ですね。
    吉野家は何かを見失っている。
    肝心な牛丼が安くないというのがそれだ。
    メインディッシュの糸こんにゃくですね。卵とみそ汁付きでも
    まずいとなると、手の打ちようがないですね。でも、この
    こんにゃく丼は人気で、吉野家の売上を伸ばしているそうです。

  3. 食べてきました、大盛りで。[E:happy01]たしかにマズいですね[E:bleah]店によって違うのかもしれませんが、こんにゃく(のようなもの)がブヨブヨしていて噛み切れず、これはたまらんと飲み込もうとしましたが飲み込もうにも飲み込めず四苦八苦しました。これを食べても人体に悪影響はないと思いますが・・・。ご飯も美味しくありませんでした。玉子と味噌汁も注文したのですが、玉子は小皿に移した状態で出てきて感心しません。味噌汁は具が乾燥した実を戻したもので紙みたいです。でも残したら申し訳ありません。感謝の気持ちで完食させていただいたのはもちろんです。しかしまだ喉になにか詰まってるような感じがして食後感も良くありませんね・・・。良い体験をしま(げほっごほっ、

  4. 吉野家は松屋に比べて調味料の数が妙に少ないですよね。
    たしかポン酢ソースとかカルビ用ソースとかなかったはず。
    おまけに味噌汁もつかないから無理やり流し込むこともできない。
    調味料全種ふりかけ作戦でも乗り切れないまずさ、一度体験してみたいですね。

  5. 先生、吉野家は倒産しかけたことはあるけどつぶれてなかったような?まっ、このセリフ平成生まれの子に言っても理解できるでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です