月刊 瀬戸内寂聴 第7号

 京都寂庵に行って「お前には失望した。がっかりだ」と言ってやりたい。ファンがなんでも喜ぶと思ったら大間違いですよ。私は憤慨している。まあ、これをご覧ください。

the 寂聴 第7号

 ばーん、「the 寂聴」セカンドシーズン突入、通算第7号です…が、この表紙は何ですか。いつものドス黒い笑顔がないじゃないか。これじゃ愛せない、別れ話を持ちかけたい。ちなみに表紙の赤いうねうねは、漆絵です。芸術的絵画ということになりますな、三流の。

 漆絵作家のおじさんはあぶらぎっていて、寂聴先生を騙して一山当ててやろうとたくらむ山師そのもの、大変生臭くて結構なのですが、肝心の寂聴先生がおとなしすぎる。干し肉を喰らいドブロクを飲みながら、下手な漆絵をあざ笑うくらいやって欲しい。俳優のペ・ヨンジュンさんも漆絵を描くそうで、彼の作品「愛」が雑誌に載っている。弱々しい、ひょろひょろした赤い線で描かれた、まるでちょっと足りない子供の絵、とても世には出せない。ひどいが、今号唯一の見どころではある。 


この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です