富士山V3

 富士山登頂V3を達成です。3回目にして雲海から登るご来光を見ることが出来ました。これぞ、完全版。小さいですが影富士も見れました。噴火口をぐるっと一周するお鉢巡りもし、日本最高峰の剣ヶ峰も制覇。御鉢巡りは結構アップダウンがあってかなり体力を消耗する。おかげで下山はバイオハザードのゾンビ状態。体力ぎりぎりで五合目までたどり着きました。

画像

 虚弱で運動不足で家の中でごろころしていても富士山は登れるという証明。働かない、学校にも行かない、でもこういう非日常的なところには喜んでいく。そこがひきこもりのひきこもりたるゆえんですよ。

 富士山の近代化、ほとんどの場所で携帯電話のアンテナが3本立つんですよ。自分の部屋よりも、富士山の頂上の方が感度良好なのです。多くの人が「頂上なう」とツイッターつぶやいていたに違いありません。もちろん私もその一人でした。とりあえずの、富士登山ご報告。


この記事へのコメント

  1. 死ぬまでに一度はご来光をお薦めします。
    冬の八甲田山で、迷子なうとやってみたいです。
    ひきこもりは学校、会社以外の場所になら
    外に出るという常識が世間には伝わっていないのが残念です。

  2. 富士山登頂おめでとうございます。
    自分は山登りは中学で卒業状態です。近所の山にすら登る自信はありません。
    因みに「働かない、学校にもいかない、でもこういう非日常的なところには喜んでいく」という部分には、笑いながら激しく共感してしまいました。

  3. わたしも生きているうちに一度は富士山のご来光を拝みたいものです。
    勝山名人なら真冬の剱岳でもヒョイヒョイと登って「登頂なう」ってしてくれそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です