ポケモン邂逅

 遊びに来た甥っ子にニンテドーDSを見せつけてやりました。喜ぶかと思いきや「誕生日に自分も買ってもらうからいいもん」とそっぽを向いてしまいました。あれま。叔父さんのDSが旧型のうえに、日焼けした中古のせいでしょうか……。

 誘い水にアドバンス用のポケモンを渡してやると、食いつきました。大慌てで箱からカセットを取り出し、DSに差し込もうとします。が、うまくいきません。武者震いで、手が震えているのです。裏表さかさまに差し込むというあわてんぼう振りで、電源ボタンも押さずにスタートボタンを連打しています。やりたくてたまらないのですな、叔父さんしてやったりです。

 子供が欲しがるであろうモノを予測し、先回りして手に入れる。ひきこもり叔父さんの真骨頂ですよ。ゲームは基礎が大事と言うわけで、初代ポケモンのリメイクである、アドバンス版ファイアーレッドをポケモンファイアレッドやっています。


コメント

  1. 勝山実 より:

    大人社会というより、クソジジイ社会からの排除ですよ。
    ポケモンを中心とした社会を希望します。

  2. おぶろもふ主義者 より:

    ひきこもり中年男子とはいつまでも子供心を持ち続けている大人なのかもしれませんね。
    だから大人社会からは排除されてしまうのですけど。