アオムシ・メモリー

 キャベツと言えばアオムシ。家庭菜園においてアオムシに葉っぱを食べられないキャベツなど、ひとつもありません。スーパーで売っているつるつるキャベツは農薬まみれの危険な野菜なのですよ。

 畑仕事の一環として、キャベツの葉っぱを裏返しては、アオムシを探し、見つけ次第ぷちっと殺生をしています。ブッダの教えに反するのことで、心が痛みますが、アオムシ君は大食らいです、放っておけばキャベツは芯だけになってしまう。

 畑を舞う白い妖精、かわいらしいモンシロチョウが、アオムシの生みの親です。お百姓さんにとっては害虫だったのですな。かわいい女の子に話しかけられて浮かれていたら、創価学会の勧誘だった、もしくはアムウェイの勧誘だった、そんなほろ苦い思い出とリンクします。まったく腹ただしい。ちなみに私の知り合いに、マルチ商法の勧誘と知りつつ、でもこれをきっかけにかわいい女子と付き合えるかもしれないと考え、お金を失い、女子とも付き合えず、ノイローゼになったひきこもり男子を知っております。

 アオムシの退治をしながらそんなことを思い出しました。モンシロチョウ


この記事へのコメント

  1. ぼんやりアドバイスですね。
    テレビが好きな人や、ゲームが好きな人に
    なんて言うのか聞いてみたいですね。
    家庭菜園だめでしたか。
    部屋の中で観葉植物からやり直して
    みたらどうでしょうか。らくですよ。

  2. >5
    極東ブログ 野ぐそ 農業 で
    ぐぐってみれば ある程度の実情は掴めるかもしれません
    どういう対処をすべきかを自分で理論構築してみるのもいいと思います
    個人的には家庭菜園でもギヴアップでした。嫌で嫌で仕方がなかった

  3.  畑仕事がそんなに好きなら、農業を仕事にしてみたら?今はあちこちで就農支援もやってるし、企業形式で農業に参入してるところもあるみたいですよ。
    ・・・とか言ってくる人にどう対処すればいいんでしょうか。僕、言われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です