お蔵だし 千葉県木更津

 5月に千葉に行ったときに、歩道に作品が置いてあった。まさかそんなはずはない、幻覚だと無視して通り過ぎたのですが、帰りに通ったときもやはりそこに存在していたので、車をとめてひとつひとつ写真に収めました。国会議員はハマコー、知事は森田健作という民度の低い千葉県とはいえ、これはない。でもある。南関東のチベット自治区、木更津の風景をご覧ください。画像をクリックすると拡大しますよ。

画像

たぶんピカチュウ。頭に黄色い竹槍が2本ぶち刺さっている。甥っ子には見せられない作品。

画像

四角くて痩せたドラえもん。懲罰のためか、首に鉄球がぶら下がっている。頭に突き刺さっているのは凶器ではなく、タケコプターであろう。下半身が溶けている。

画像

木更津に住む土着の神様ではなく、となりのトトロ。目がとれている。作り方が一番ザツ。ジブリに対する悪意を感じる。

画像

くまのプーさん。腹が異様に出っ張っている。怖い。

画像

アンパンマン。こんなのが歩道にあったら、みんなよそ見運転するじゃないか。木更津アートの世界は深いですなあ。


この記事へのコメント

  1. ノミを使ってないんだよね。でも
    ドリルは多用していると思う。破壊的だ。
    森田健作ごときの三流芸能人の再就職先が
    千葉県知事とは、心ある市民は悔しがっていることでしょう。
    百姓一揆の時の忘れ物と思われます。
    土着の人間が作るものにはエネルギーがありすぎますね。

  2. 最後のアンパンマンの
    「安全運転たのみます」にぐっときました。横に置いてある「シャベル」や「くまで」はお百姓さんの忘れものでしょうか?

  3. はい、千葉の民度は低いです。暴走族がまだいます。ヤンキーの生産量関東一です。千葉テレビは森田健作の私有物と化し、おれは男だの再放送をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です