ひきこもり釈迦 大乗の教え編

 印度の雨季は長く激しい、川は氾濫してすべてを流し去る。この時期ひきこもりブッダは竹林から、高台にある信者によって寄進された寺院へと移る。そんな梅雨の時期のお話です。

 弟子唯一のイケメン善男子の阿難(あなん)がひきこもりブッダのところにやってきました。尊いかたブッダよ、今日はどうしてもお尋ねしたいことがあります。我々は信者から布施を集めます。が、もし嘘をついて布施を集めている者がいるとしたら、いかがなものでしょうか。それは良い事でしょうか、悪いことでしょうか。ブッダは答えた、それは悪いことであると。ならばと阿難は一人の弟子の名前をブッダに伝えるのでした。

***

 ひきこもりブッダは不動明王の顔になり弟子の名前を呼んだ、富楼那(ふるな)はおるかと。「へーい」と富楼那は走ってきた。今日も布施をしこたま集めて、すこぶる上機嫌。しかしブッダ様子がおかしい、険悪な空気である、富楼那がもじもじしていると、阿難がもう一度ブッダに問うた。もし嘘をついて布施を集めている者がいるとししたら、それは良い事でしょうか、悪いことでしょうかと。

 それを聞き、富楼那は大変に愕きました。なんだなんだ嘘なんかついていないぞ、お布施をすれば死んだあと天国に行けてガッハッハだと そう教えているだけです。阿難はぐいと詰め寄り、それが嘘でなくてなんなのですかとブッダのほうを振り向いて言った。師よ富楼那に説いてください、高邁なひきこもり説法を。

***

 ブッダは極太のジョイントをふかしなが
ら阿難に言った。お前さ、そんなんだからいつまでも悟れねえんだよ。小せえんだよ、大きく考えろよ。おい阿難、女子にもててるからっていい気になんじゃねえぞ。ひきこもりブッダの大乗の教えが始まりました。

 例えばさ、たった一つしか出口のない大きな屋敷があるとするじゃん。その屋敷の奥の部屋でひきこもりチルドレンが遊んでいる。屋敷はオンボロで腐りかけている上、あらゆるところに悪魔が住み、毒蜘蛛が住み、大蛇がいて、長田百合子がいて、
戸塚ヨットスクール校長がいて、レンタルお姉さん連中までいる、そんな危険な化け物屋敷が火事になったとしよう、このままでは全員焼け死んでしまう。ひきこもりチルドレンをこの火事から助け出すにはどうしたらいいか。

 富楼那ならこういうだろう、一番最初に出口にたどりついた子にはWiiかプレステ3かニンテンドーDSのうち好きなものをあげると。ひきこもりチルドレンはダッシュで出口に向かい、魔物につかまることもなく、長田・戸塚・レンタル姉さんの横をすり抜けて、火事の中を外に出ることが出来た。そして出てきた子供全員にニンテンドーDSをあげた。阿難よ、これが嘘であろうか。

 尊いかたそれは嘘ではありません、と阿難は言った。ひきこもりブッダは続けた。だろ、エロ尼にいくらもてたって、こういことは教えてもらえねえだろう、お前の考えは小せえんだ、小乗だ。いい気になんなよ、もっと布施集めて豪邸でも建ててみろ。

 嘘も方便という教えです。阿難は頭を垂れ涙を流しながら、ひきこもりブッダの大乗の教えをかみ締めるのでした。寺院


この記事へのコメント

  1. NHKの受信料は払ってはいけないと
    ブッダも本多勝一も申しております。
    ひがみではありません、悟りをひらいた男子の
    正しい説法です。イケメンを妬んでいびっているのではありませんぞ。
    ひきこもり釈迦、いずれはひきこもり経典の一部として
    世に出したいと思っております。
    DSうらやましいですね、ボクは元祖・画面の暗い
    ゲームボーイアドバンスをいまだに愛用しています。
    創価学会恐るべしですね。まあ、大乗の教えというのは
    知れば知るほど生臭いものでございます。

  2. 年下の創価学会のひとに
    突然電話をかけられてきて
    話をしたんですが
    話がいきなり
    「あなたの信じている仏教は
    大乗ですか小乗ですか」
    で始まってしまいました
    このエントリの素ネタに関する
    思いでです
    仏教の戒律のエントリも読みたいです

  3. DS持ってるけど全然使ってません。
    家のどこかにあるはずなんですよ。
    ドラクエやりたいなって最近考えてます。

  4. ひきこもり釈迦、面白いですね。本になりませんか?おいっこカレンダーと共に押さえておきたい一冊になると思います。

  5. とんでもなく面白いです。
    これはひとつの才能ですね。
    阿難に対する説法が半分ひがみから来ているように感じてしまうのは僕の心が汚れているからでしょうか。

  6. 本日、32マッスルデーです
    ブッダのおっしゃる『もてないお年頃』になって参りました
    そんな私が最近やり遂げた業というのは
    NHKの受信契約を解約したことでございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です