パソコンをやらない日

 目がしょぼしょぼする、肩がこる、だるい。全部パソコンが原因だ。パソコンは素晴らしい、一日中やっていても興味が尽きることがない。ありとあらゆるものの答えが、検索するとぽーんと出てくる。

 グーグル先生は何でも知っている。この知識量には誰も敵わないでしょう。怪しい知識もネット上にあるにはあるが、おおむね正しい知識ばかりです。インターネットがあれば、いちいち勉強して暗記する必要なんてない。

 27歳でパソコンに出会いましたが、その頃はまだ常時接続というのがなく、ネットにつなぐ時間も限られていた。でも今は光ファイバーで24時間高速回線でつながっている。今が一番物識りだ。全国民が過去最高の知識を持っている。

 ある意味、理想の教育環境が実現されたのです。必要な時に、必要な知識へと、到達することが出来るのですから。もし私が相対性理論に興味があれば(ないけどさ)、とっくにたどり着いてますよ。答えのある知識に関しては、グーグル先生に聞くのがよろしい。あとは答えのないことに関しては、どうやって生きていけばいいかとか、そういうのは部屋で悶々と考えていればいい。

 パソコン&インターネットが教師として、これだけ素晴らしいので、学ぶ意欲があればずっとパソコン学校で過ごしてしまう。ずっと集中してユーチューブを見てしまう。でもそれでは体と心の健康を損なってしまう。

 そこで私は、パソコンをやる日、パソコンをやらない日を決めて、だいたい一日おきにやっていくことにしました。まだ始めたばかりですが、パソコンをやらない日は、一日が長い。肩こりが治まる。ゆったりと時間が流れて、気持ちが楽になる。びっくりするくらい疲れがとれる。すごくいい。梅雨入りで、だるくて悶々としている人に、パソコンやらない日の導入を、お薦め。


この記事へのコメント

  1. 眼がショボショボを自覚してるうちに、パソコン利用に関するルールを決められたには正解ですよ。
    私は、いい年こいて、免許証の更新で2回連続で、視力がアウト。
    メガネをかけてもね。
    医師に聞くと、たいへんに珍しいとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です