わっしょい叔父さん

どてら
 甥っ子が勝山叔父さんと一緒に荷物を運ぶときはいつでも「わっしょい!わっしょい!」である。どうしてかな。それは叔父さんがいつも、どてらを着ているからさ。

 なんでどてらを着ていると、わっしょいになるかというと。それはね、右下の「甥っ子から見た勝山叔父さんのイメージ画像」を見て。

 甥っ子から見れば勝山叔父さんは、いつもお祭りの格好をした大人。だからテーブルや椅子を一緒に運ぶときも、掛け声は神輿をかつぐのと同様、「わっしょい」以外はありえない。よーし、今日も一丁いくぞ、わっしょい、わっしょい、だ。

 現在、どてら以外のいかした部屋着、ひきこもりに適した服を探しております。ちなみに普段どてらの下はジャージです。室内でスウェットを着るのはだらしがないので嫌いなんです。ジャージにどてらがボクの部屋での正装であります。甥っ子から見た叔父さんのイメージ


この記事へのコメント

  1. 坊主にして髭をのばせば
    さらにウソ芸術家としての風格がます。
    ボクにはやはり作務衣が一番のようです。

  2. 絶対作務衣いいですよ!
    あれ着たら3ミリ坊主も無精ひげ伸ばし
    放題も余裕でOKでしょ。
    ついでも草鞋も自分で編んじゃってさ。

  3. 作務衣いいですね。着れば、名のある陶芸家ようで
    心踊るものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です