ひきこもり映画

  八甲田山こそ、ひきこもり映画と呼ぶにふさわしい。吹雪の雪山は、ひきこもりを寄せ付けない現代のハローワークのようである。高倉健のセリフ「止まったらおしまいだ」や、北大路欣也の「天は我々を見放した」などひきこりの心情を吐露したとしか思えないセリフが相次ぐ。

 八甲田山の行軍は、ただの訓練なのです。戦争で死ぬなら死にがいがあるとのに…、そんな無念が職業訓練やアルバイトの面接で凍死していく、ひきこもりの姿とかさなる。安定した収入を目指し、かえって困難な地獄をさまよう、ひきこもり八甲田山よ。

 この冬、是非レンタルして見て欲しい映画です。約3時間と時間は長いが、これを見ずしてひきこもりは語れない。猿団子ならぬ八甲田山遭難団子


この記事へのコメント

  1. 八甲田山を探しに行きましたが、なかなか見つけられません。
    森繁久彌追悼コーナーで社長シリーズというのはありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です