ひきこもりフラッシュバック

 なんだかしょっちゅう甥っ子とポケモンカードゲームをしています。最近はインターネットで体験ゲームが出来るので、甥っ子と協力してコンピューター相手に対戦をしています。

 6歳ともなると悪ふざけもピークに達していますから、やっちゃいけないことしかしません。いろんな物を叔父さんに投げつけたりします。こらっと怒ればそれで収まることでしょうが、ひきこもり道に反します。ひょいひょいと避けてかわしてこそ、ひきこもり叔父さんです。でも今日は不覚をとりました、甥っ子の投げた物がアゴに当たったのです。イタタタですむかと思いきや、さわってみたら血が出ていました。鏡を見るとアゴの横あたりが切れていました。ちなみに甥っ子が投げたものは手鏡です。

 これはいかん。目に当たったりしたら大変なことになるじゃないか、躾(しつけ)をしなければと憤慨した時、頭の中を過去の記憶がよぎりました。まだ甥っ子がよちよち歩きの頃です。甥っ子はまったく叔父さんになついておらず、顔を見ただけで怖がって逃げるというありさま。必死になって逃げる甥っ子がおかしくて、勝山叔父さんは部屋の中を追い回して遊んでいました。その時、走っていた甥っ子がバランスを崩し横に倒れ、お膳の角に耳を強打、ぷしゅうと血が出て大騒ぎになったのです。その場面が心の中に甦りました。

 あの時に気まずさ、家族の冷たい視線、居場所のなさ。あんな思いを甥っ子に味わせてはいけない。情けないぞ。ひきこもり男子たるものこの程度の切り傷でなんでもない、痛くもかゆくもない。これは長い時を経た甥っ子からの恩返しだ、心からそう思いました。マキロンでちょっと消毒して、ポケモンカードゲームの続きを甥っ子と楽しみました。全ての子供たちに、最大限の自由と、最小限の躾を。マキロン


この記事へのコメント

  1. しょっちゅう怒っていては
    躾インフレになってしまいますからね。
    最大限の自由と最小限の躾をって
    誰かの言葉なんだけど…、誰だったけな。
    教育の基本ですよね。
    子供は空気を読みますから、ちょっとやりすぎたと
    心の底で反省しているはずです。
    叔父さんに借りができたわけです。

  2. それでも甥っ子さんは叔父さんの状態をみて子供ながらに反省していることでしょう
    そこでしからないあなたはすごい

  3. >全ての子供たちに、最大限の自由と、最小限の躾を。
    体罰の賞賛に代表されるような
    教育厳罰化の悪しき風潮の中、
    素晴らしい教育論だと、思いました。
    「愛の鞭」だなんて、単細胞な虐待を正当化するだけの言葉は早くなくなって欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です