ひきこもりと盆栽

 ガーデニング、園芸、その中でも特に盆栽などは不自然な自然でちょっと嫌だなと思っていた。本当の自然じゃない、人工の自然だ。だから、庭が欲しいな、自分の家に日本庭園があればいいなと、そんな空想には飽き飽きしたので盆栽を買ってみました。梅です。梅って桜よりも渋くてかっこいい。ホームセンターで千円で購入、盆栽としては極端に安物です。

 買ってすぐに満開、そしてすぐに終わり。買った時にすでにつぼみが大きかったので、おそらく温室で育てられた盆栽だろう。自然の梅よりずっと早い時期に咲いた。梅の花って、近くで見ると南国かジャングルの花のようにグロテスク、雄しべだか雌しべだか分からないものがぴこーんと飛び出ている、恥じらいがない。

 大きな木に、梅の小さな花が咲くと大和撫子のような可愛らしさを感じるけど、小さい盆栽にびっちり梅の花が咲くとムカデっぽい気味の悪さを感じる。ただ咲かせればいいってもんじゃないんだぞ、そんな盆栽の深さを感じた。咲き終わった盆栽を手入れして、来年こそは美しく恥らう乙女に仕上げたい。

 ひきこもりと盆栽…か、関係なかったね。植物をかわいがるおっさんの話でした。大きな木に咲く梅の花


この記事へのコメント

  1. ぁ、盆栽か………………。
    なるほど、つまりは
    小さな小さな庭なわけですね!
    それァおもしろい。
    そおっとお~ディープっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です