たき火療法

 人生で楽しいことはたき火だけだ。寒い、薄暗い、そんな季節も人生もたき火すれば何とかやり過ごせる。熱い、そして暑い。ひきこもり作業所でたき火をしています。こんなイメージさ。

たき火

 たき火中毒。たき火くれ、たき火らせてくれ! という気持ちになるくらい、都会人の私には楽しい。たき火なんて全然出来ないでしょ。

 作業所の隣りの雑木林を伐採したおかげで、その空き地で、たき火することが出来るのです。炎を眺めるだけでも癒される、原始の力ですよ。これは精神療法になります、たき火療法。ユーモア療法を越える最高のプログラム、冬季限定24hたき火営業場とかいける気がするな。


この記事へのコメント

  1. 薪で風呂をわかすなんて、憧れます。
    悶々とした生活を送っているひきこもりこそ
    たき火だと思います。
    分かりました、ブログを見ていただけて光栄です。
    たき火とユーモアがあれば
    あとは何もいらないという気もしますね。
    まさに、たき火の番ほど楽しいことはない。
    今はこれしかやりたくないというくらい
    はまっています。煙が出るのでね
    そこを何とかできれば都心でも可能なんだけど…。
    ボクはたき火のしすぎですす臭いくらいです。
    煙突の臭いかな。
    卓上囲炉裏、ボクも本気で欲しいです。
    でも団地だから無理だなー、火災警報器がなってしまう。

  2. いい炎出してますね。
    たき火で大事なのは煙の香りです。
    薪や落ち葉をたくと実にいい香りがしますよね。
    石焼き芋屋さんが通りかかっただけで煙の香りにうっとりすることもあります。

  3. 焚き火の番をしているだけでなぜか楽しいですよね。
    やっぱ古代のDNAが火への興味を感じさせているのでしょうか。
    キャンプファイヤー、キャンドルサービス、人は大抵火が好きですから焚き火営業流行りますよ。
    こっそり芋を焼いてはどうでしょう。

  4. こんにちは。
    昨夜お隣に座ったおばさんです。
    (これで分かるかな?)
    ブログ楽しく拝見しております。
    たき火いいですね。
    勝山さんのブログはひきこもり世界のたき火みたいなもの。
    ひきこもり世界にたき火とユーモアは
    欠かせませんね。♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です