あかねに行ってきた

 だめ連と大変かかわりの深いお店、あかねに行ってきました。地下鉄早稲田駅下車。早稲田大学方面改札、3b出口から外に。地図を頼りに3分ほど、歩けばあかねに着きます。

 ここまでは誰でも出来るのですが、この怪しい店に入るには勇気がいるでしょう。ネット上に店の情報はほとんどない。木曜日はだめ連のぺぺ長谷川さんが、店番をやっているという口コミだけを頼りに、行ってみたいけど怖くていけない人を募ってあかねツアーを企画、6人のひきこもりを集めての入店です。

 私があかねに来たのは3回目で、前に来たのは10年前です。その時、前著ひきこもりカレンダーをお店に置いたのですが、残念ながらもう無くなっていました。そのかわり新刊安心ひきこもりライフを、爪痕を残すという意味も兼ねて寄贈してきましたので、あかねに行った人は手にとって読んでみてくださいね。

 あかねは、なんとかバーよりもあやしげで、こじんまりとした飲み屋さんです。チャージ料が200円かかります。ようは入場料。大きい瓶ビールが500円、柿の種150円、とそんな感じです、安め。1000円あれば1時間はのんびり出来るでしょう。

 あかねは現在、経営的に大ピンチなのです。毎年、13年間ずっとピンチなのですが、今回のは「去年の暮れにお金が1円もなくなった」といったビッグなピンチです、閉店してしまうまでに一度は行っておきたい。

 13年も続いている、このことがすごいです。だめ連は消えたのか、そんなことはない。月見草のように、ひっそりと存続しているのです。社会企業家とかオルタナティヴスペースだとか言い出す前に、まずあかねに来て、「土着」の居場所というものの、すごみを味わって欲しい。だめ連とは何か、だめ連は今どうなっているか、それも分かる。社会学の必修科目ですよ。

 木曜日がぺぺさんがやっているので、初めての人にはお薦めです。あと昼間は水タバコ屋をやっているそうです、タバコ吸う人が多いので煙い、治安の関係上貴重品は身から離さないこと。脂っこい喰い込むトークをする常連と距離感をとりつつ交流する技術と免疫力を手に入れろ。とにかく自分のいろいろな能力を試されます。

 とりあえず、ご報告まで。行きづらい人のためのあかねツアー第2弾を企画しています。ひきこもりイベントもやりたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です