働かないと大変なことになる

 就労すること、そこから逃避すること。悪いひきこもりは、これらを交互に繰り返す。就労に対する腰の引けた、ハエ一匹殺せないような、ジャブを繰り出す。もしくは、TVゲームに熱中し、頭の中を真っ白にして、無の境地へと逃げ込む。

 働かないと大変なことになる。この漠然とした恐怖が人生の全てになっている。働かないと、餓死する、ホームレスになる。でも、なってないでしょ。そもそも、一流の学校や、一流の会社に入れないことが「大変なこと」だったはずです。若かりし日の、優等生だった頃の、まだ可能性があった頃の自分を思い出してみてください。

 日々、大変のレベルが下がっていることに、気づいたでしょうか。中年にもなって無職でいることは極めて、大変なことだったはずです。出世をして、立派な役職についていなければ、大変だったはずです。25歳までに○○しないと大変なことになる。最悪、30歳までに○○しないと、もう死ぬしかないと思っていたでしょ。

 ○○しないと大変なことになる。これに実態はない。分からないものに恐怖している、分からないから恐怖を感じる。脱ひきこもりをかけて必死に働いても、この恐怖と不安はなくならないでしょう。働けば、新しい恐怖と不安が現れるわけです。就労とそれで得たものを、維持し続けなければいけない。そんな恐怖に怯えることになります。いかがなものでしょうか。

 ひきこもり中年男子であるなら、もう何年も前から大変なことになっているのです。今も大変な状態なのです、現在進行形なのですよ。なのにどうしたことでしょう。パソコンの前にどっしり座り、ブログを楽しんでいるじゃないですか。

 だからと言って、慌ててパソコンの電源を落とし、求人雑誌を見るのはやめてください。ばればれです。自覚がないかもしれませんが、あなたは「大変なこと」をすでに乗り越えているのです。普通の人はここまで、堕ちることが出来ません。手遅れに早いも遅いもありません。手遅れは手遅れでしかない。間に合うのなら、ジタバタするのもありでしょう。しかし、ひきこもり中年男子であるなら、もう間に合わないのです。あなたは働かないと大変なことになった、あとの状態なのです。こうなりましたという、見本なのです。

 さも、変えられる将来がある人のように、恐怖する必要があるでしょうか。まな板の上の魚が海に逃げることを考えるでしょうか。就労に対する恐怖は何年も前に過ぎ去った、と気づくべきです。正しくひきこもること、その心構え、その心意気こそ、安心ひきこもりライフですよ。Kyujin


この記事へのコメント

  1. 「○○しないと大変なことになる。これに実態はない。」
    死にそうな気分の自分に、なんとよく響く優しい、癒しの呪文でしょう。
    勝山さん、ありがとうございます。
    少し、死にたい気分が軽くなりました。

  2. おはつです。自分も勝山さんと同い年です。
    大変な事色々ありますけど
    もう今更焦っても仕方ないので
    ボチボチやっていこうと思います

  3. 「大変な事になる」と言われていたことのほとんど全部が
    大変なことではなかったと気づいただけでも、
    ひきこもりがいがあったというものです。
    大変なことなんかないんだという気持ちが満タンになれば、
    枠から飛び出す力になるやもしれません。

  4. ブラボーです、素晴らしいです!
    さすが、名人は物事を見る時の視点が違いますね。社会の理不尽で滑稽な仕組みを完全に見抜かれていると思います。
    でも、いやいや世間一般の価値観に隷属していて、痛めつけられているとわかっていても、その「枠」から抜け出すには相当の馬力が必要なんですよね。

  5. 日本人は、何かと「大変な事になる」と言う言葉が好きなようです。
    僕なんかも、まず友達が多くないと、活発でないと、授業中多く発言しないと、成績がよくないと、いい学校に入らないと・・・と色々な大変な事になるを、暗黙の了解で教えられてきました。
    やっぱりこの中の一つも、大変ではなかった。
    それは、1999年にノストラダムスの大予言のように何一つあたらなかったのです。
    それもそのはず、当時もそうですがこの大変な事になるから、それらからはずれないように生きてきた大人たちが一体何人いたのでしょうか。
    そうじゃない、本来「大変な事になる」はずの大人たちの方がよっぽど多かったと思います。
    国民全員がすべていい学校、いい会社に入っているなんて物理的にも絶対無理ですし・・・。
    それよりも、本当に「大変な事になる」と思われる事が、実は本当は存在すると思われます。
    それは、今までの人生の中で本当に自分と向き合って、自問自答し、葛藤し、様々な思いをめぐらせ、行動されているかどうか、または一体何人の人がどのような人生のきっかけでもいい、そのような状況になることができたかだと思います。
    これは本当は、人生でもっとも重要で必要な時間だと思います。
    この自分を考える時間をおろそかにすると、自分は何故、存在しているのかがわからなくなったり、もっと問題になるのは、きちんとした理論なしで、他の人の考えに疑問を抱かずに行動し、更にはその方の子供にそれをそのまま強要してしまう。
    もし、この強要された子供が自分の考えをしっかりと持っていて、意味の無い他人の考え、行動を親から強要されたらどうなるでしょうか。
    自分の進む方向が決まっている人に対しての、人生の進路妨害や、ただの圧力になってしまうと思われます。
    人間は、自分の行動に対して圧力や、妨害を受けるのはもっとも苦痛と感じると思われます。
    また、自分の存在がわからないと言う事は、自分の人生、他人の人生の存在の意味もわからなくなる可能性があると思われるので、上記どちらの原因からでも、様々な事件などが多発する可能性があると思うんです。
    いい学校、いい会社、いい結婚、いい収入なんかよりももっとしっかりこのことを考えないと本当に「大変な事になる」かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です