他人の心配より、自分の心配

 人間いよいよせっぱつまってくると自分の心配より、他人の心配をするようになる。不幸な人間が、他人の不幸の心配をするようになるのだ。弱い人間の残念な習性だ。