プール監視員

 毎週のように甥っ子が家にやって来ますなあ。来るなり、笛を吹き、メガホンで大きな声で話をする。「どういうことですか?」「プールの監視員です」と保護者から説明を受けました。やはり夏だ、甥っ子も新キャラを入れてきたな。

 勝山叔父さんはもう甥っ子にマンツーマンでつく体力がないので、途中で散歩に行くことにしています。敵前逃亡ですなあ。毎回そんな感じなので、今日は甥っ子から「叔父さん、今日もお仕事なの?」と聞かれてしまいました。

 誰だろう、甥っ子に叔父さんは仕事に行っているなんて吹き込んだのは。でもせっかくだから「これから仕事です」と甥っ子に大嘘をついて出かけました。ブックオフに行きました、マンガを立ち読みしていました。ああ、涙が止まらないのはどうしてだろう。Megahon


この記事へのコメント

  1. 僕も、そんな涙が止まらない一人です。
    同年代の人が、家族に見送られ会社に行く。
    同年代の人が、自分の子供を連れてどこかに行く。
    こんな日常的風景の中に僕自身の存在は、ないのかもしれません。
    昼間、何も予定なく外を歩く。
    近所の人とすれ違う。
    その時、これからまるで、仕事に行くようなそぶりですれ違う。
    不規則な仕事に就いているかのように。
    でも、それはあくまでも自分の中の架空の職場への出勤です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です