IDとパスワードが57個

 このブログを書くにもidとpassword入力してログインする必要がある。パソコンやっていれば何をするにも、ヤフーでもグーグルでも、それぞれ専用のidとパスワードがなくちゃいけない。今まではA4の紙に書くという古典的手法を用いて、パスワードを管理してきました。しかしそれも限界や、もう紙の裏表にぎっちり、汚ねえ字でパスワードが書きまくって、それが3枚。こうなると紙の中からパスワードを見つけるのが一苦労っていうか、無理です。

 整理しようと紙にメモっていたものを、ワードに入力し、清書するという作業を、ずっとしていました。数えてみたら紙に書いてあったパスワードが79個もあったよ。その中から厳選して、使ってないもの、なんだか分からないものを取り除いて、57個にまで減らしました。目一杯減らしても、こんなにまだ残っているのです。

 パスワードをなんとかしてくれないか。誰かいい道具を発明してくれないか。パスワード管理ソフトというのもあるが、それ自体ひと手間なのと、コンピューターウイルスやハッカー存在を考えるとソフトを使って、パソコン本体もしくはネットにidとパスワード情報を保存するというのは、危険じゃないかなと思うのです。

 指紋認証リーダーみたいなのでパスワードが管理できて、そのデータですべてのネットサイトにログイン出来たらいい。タッチパネルに指をぴっとあてれば、idとパスワード認証できる、それくらい出来る科学力はあるはずだ。あとはパソコンメーカーが話しあってネット業界標準規格を作ればいい。

 ネット銀行も便利だけどパスワードだらけででしょ。まずログインのに必要、取引するとなるとさらに必要、安全性を高めるため暗証番号表を使って数字を入力までする。そうやってようやく送金です。こんな不便でいいのだろうか。通帳と印鑑に劣るじゃないかって思ながらいつも使っております。


この記事へのコメント

  1. 名人!IDとパスワードを作らせるサイトに出会ったら、そのサイトの利用をあきらめると言うのも増やさない為の手ですよ。

勝山実 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です