和歌山滞在メモ(3)

8/3(金)猛暑。やっていることは、上半身裸で、扇風機の前で、ごろ寝しているだけ。人間としてどうかと思い、湯の峰温泉の周りをちょこっと散歩。売店でコーラを飲む。勝ち組。本宮大社におみやげを買いに行く。今年は本宮大社2500周年でおみやげ記念グッズもたくさん作られようだが、すでにほとんどが売り切れていた。よいおみやげがない。わだまに戻る。晩餐は鳥肉。まいうー。

8/4(土)最終日。ちょうど帰るタイミングで、新しい滞在者が来る。『バラ色のひきこもり』を読んで共育学舎を知ったという、すごい偶然だ。10時半、わだまを出発。15時、名古屋到着。キトウバーことkeytoに行く。満喫。スーパー銭湯ゆーとぴあ宝に泊まる。キングダムというマンガを5巻まで読んだ。

8/5(日)朝8時、名古屋を出発。途中、長篠設楽原という、戦国ファンにはたまらない名前のパーキングエリアで休憩する。14時過ぎに横浜帰宅。和歌山で心身ともにリフレッシュできた。体中に力がみなぎっている。やるぞ、俺はやるぞ。次に和歌山に行くのは11月くらいかな。隣の部屋からは「かぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー」という要介護5の寝たきり老婆ママンのおたけびが聞こえるが、俺は気にしない。気にしてなるものか。

Photo


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です