ひきこもりブッダ 便所男ラーフラ編

 甘やかしてはいけない、ひきこもりブッダは自分のことは棚にあげ、弟子たちには厳しく接していました。ブッダの子、羅ご羅ことラーフラも例外ではありません。特別扱いにしては、教団の中に新しい階級ができてしまう。平等第一のブッダは、「くれぐれも、特別扱いはしないように」とラーフラの後見人である舎利弗(インド名・サーリプッタ)に、そのことを念を押して頼みました。

 「おいこら、ビシビシいくぞ」、鼻息荒く決意するも、知恵と慈悲で知られる舎利弗です。ちっともビシビシなどせず、慈悲オンリーでラーフラに接しました。甘やかしたのです。増長すること山の如し。ラーフラは、とんでもない嫌な野郎に成長していきます。モテない男子をバカにするのです。その噂はブッダの元まで伝わりました。

 どういうことだろう、舎利発ほどの高弟子が、しつけもできないとは。ブッダの顔がみるみる不動明王になっていきます。それを見ていた目蓮ことモッガーナは「これはいけない」とあわてて親友・舎利弗の元に駆けつけました。

 朋友サーリプッタよ、目覚めた人、尊いお方がキレかかっているぞ、戸塚ヨットスクールの校長になった気分で接しないといけない、と教え諭しました。知恵第一の舎利弗です、「やべえなあ」とすぐ自分が置かれている状況に気づきました。どうすべきか、あのバカ息子を今すぐ悟らせなければならないのか。教団一の知恵者もさすがに考え込みました。

 人のいい目蓮は、親友が困っている姿を見て、いても立ってもいられません。私に任せろ、神通力で何とかしてやる、大丈夫だと、舎利弗が止めるのも聞かず、ラーフラのもとへゆきました。女子尼相手にぺちゃくちゃと、異性間の友情は成立するか、と語っている愚か者。仏男子、ラーフラです。

 あれだな、あれはいかん。目蓮はラーフラの元にかけより、ブスはブス、ブサイクはブサイク、友情なんてない、悟りに逃げるしかないんだよと、真実を高らかに説きました。全員どん引きです。しかしモッガーナは、そんなことにはおかまいなしに、ラーフラを無理やり修行場まで連れていきました。

 「今日からここで苦行だ、そこの坊宿で暮らしなさい。一人でだよ。ひきこもりはいつでも単独行動。見習い僧はまず孤独に耐えなくてはいけない。マンツーマンで鍛えてやりたいところだが、悟りを開いた僧と、見習い僧が同宿することは、戒律で禁止されているんだ」。目蓮は仏教オリエーテーションを終えると、自分の坊宿に帰ってしまいました。

 ちっ、なんだよ。ラーフラはふてくされましたが、仕方がありません。腕力に、神通力、武闘派ナンバーワンの目蓮には逆らうわけにもいきません。坊宿の掃除を始め、寝床の準備をすることにしました。すると、しらないハゲのジジイがやって来て、「この宿の主だ」というのです。うっかり屋さんの目蓮は間違えて、別の坊宿に案内してしまったのです。ラーフラは居場所を失い、野宿するはめになりました。

 教祖の息子がホームレスなんて。あの野郎、ダディーに告げ口してやろうと、ドス黒い心を抱きながら、ラーフラは木の下でふて寝です。ブッダに拉致されるまでは、国王として贅沢三昧の暮らしをしていたラーフラにとってこれほど辛いものはありません。それに追い討ちをかけるように、インド特有の大雨が降り始めました。ああ、どこにいけばいいのでしょうか。見習い僧は、戒律で他の信者との同宿が゜許されません。目の前に宿はあるのに、宿にはいることができない。居場所がない。雨をしのげる唯一の場所といえば便所くらいですが…。「苦行にもほどがある」、ラーフラは眩暈を覚えました。

 その夜、舎利弗と木蓮は、ラーフラがちゃんと修行できているか、坊宿のある村へ見まわりいきました。しかしそこには、知らないジジイが鎮座しているだけです。誰だお前は、目蓮は卒倒しました。舎利弗の顔もみるみる青ざめていきます。阿呆とはいえ、尊い方の一人息子。すぐに探さなければいけない。

 すべての世界を見通す、目蓮の神通力。現世だけでなく、あの世も見通せる力を目蓮は持っていました。しかし、まさかこんなお姿を見るはめになるとは。薄汚い便所で寝ている、尊い方のご子息でございます。目蓮はもう自分の神通力が嫌になってしまいました。

 便所で寝る、仏男子。その噂はブッダの耳にも届きました。英才教育とは程遠い、肥溜めの境地。ひきこもりブッダは、二度とこのような便所男を教団に出現させてはいけないと、見習いであっても二回までは僧との同宿を認めると、戒律を変えたのでありました。

画像


この記事へのコメント

  1. 息子の専務が、囁きババアをぶっ飛ばそうか
    どうしようか、葛藤している微妙な顔が個人的には好きです。

  2. リンク先動画の囁き女将、かなり面白いですね。
    自分もピンチの時に囁いて欲しいです。
    常に母親同伴で修羅場に臨む、みたいな感じで。

  3. 囁き女将ならぬ、囁き叔父さんです。分からない方は、



    こちらをどうぞ。ラーフラと便所の結びつきは仏教ファンの常識です。

  4. 扁桃腺が腫れて「大阪・船場吉兆の囁きママン」の様になっておられる中、更新ありがとうございます。
    ブッダの世界にも便所飯男子がいたなんて驚きです。でも、どっちかと言うとひきこもりブッダの方が便所飯がしっくりきますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です